2016年12月31日土曜日

Vol.72 キープする

大晦日ですね。

一年が経つのが本当に早く感じます。

年末になって初めてピコ太郎のPPAPをフルバージョンで見ました。

テレビを見ながら2歳のうちのチビが斜め後ろに脚を引いて踊っている姿を見て、ピコ太郎の世の中に与えるインパクトに感動を覚えました(^^)







さて、今年は会社で大きな変化がたくさんありました。



①当社の創業期を支えていただいた65歳以上のベテラン勢の引退

②経営パートナーとして安江さんが取締役に就任

③2012年以来の本格的な採用活動による新卒社員の入社

④経営幹部メンバーとアチーブメントさんの学びを共有

⑤外部の事業パートナーの力を借り新規事業開発の取組みを開始

⑥新将命氏を顧問に迎えMAP式経営計画の体系化に着手

⑦将来のグループ経営を見据え新会社の設立準備を開始




人の入れ替えなどで体制整備が困難ななか社員の頑張りにより目標を超える経常利益を残すことができ、今年も業績配分賞与を支給することができました。

仕事上では、9月辺りから次年度以降の計画づくりと新会社設立に奔走し非常に忙しい日々を過ごしましたが、本年も無事に終わってホッとしています!

ありがとうございました。







いつものように長い前置きはこれくらいにして、やっぱりプライベートでの最も大きな変化はダイエットに成功したこと( ̄▽ ̄)

5/14時点で88Kgあった体重を8月末で70kgまで落とすことに成功しました(^O^)/





次の周りの期待?!はリバウンドするか否か?

なかには「絶対リバウンドする」と決めつける方もいらっしゃるんですね~

私はいつも心の中で「リバウンドするかしないかはお前に決めさせない。リバウンドするんだったら自分の意志でリバウンドする」と叫んでいました。




でも、人の振り見て我が振り直せ!

人が一生懸命に打ち込んで得た成果を、落として笑いを取るようなことは絶対にやめよう、と!!

こんな些細なことからも勉強だ!!!







ということで、4ヵ月経った2016年12月31日の体重は…





見事にキープしていますo(^_-)O

12月もよく食べよく飲みました( ̄◇ ̄;)

食事のメリハリをつけ、適度な運動を続けて70kg切りです!






心がけたことは、ただ一つ

リバウンドしない

ではなく

キープする

という言葉を使っただけ?!




「リバウンド」というのは私にとってのネガティブワード、それを使わない、イメージしない、そのようなことをいう人の近くには近寄らない。

言葉は現実をつくるという人もいますが、今実感できています。

「~しない」プランではなく「~する」プランにするというのもプランニングの基本ですしね(^_-)

来年以降も良い報告ができるようにキープします!






当社管理部の責任者の大石里織さんのリクエストで4月から始めたこちらのブログですが、更新にムラがあったことを反省しています(u_u)

社員向けにメッセージを出してほしいという、彼女のリクエストに応えられたかが疑問です。

確実に読んでくれていると認識できるのは、こちらのブログにコメントをくれる数名だけだしね( ̄▽ ̄)

でも、読まない人に焦点を当ててもしょうがない。

社外から「楽しみにしています!」と言っていただける方もいらっしゃいますし、読んでくれる人にもっと有益な情報を提供できるように来年は頑張って更新します(^^)








本年は本当にお世話になりました。

皆様、良いお年をお迎えください。



2016年12月6日火曜日

Vol.71 達成感

おはようございます。

前回の更新から一ヵ月半も空けてしまいましたm(_ _)m

明確な目標設定をした8月は31回の投稿ができましたが、ここ最近はブログに関しては目標設定せずズルズルきてしまいました。

改めて目標設定の大切さを痛感しています。




ブログはズルズルグダグダでしたが、ここ一ヵ月は別の大きな目標がありました。

それは…



一般財団法人日本プロスピーカー協会のベーシックプロスピーカーの認定を受けること!

そして、先週12月3日金曜日に筆記試験、プレゼン審査に通過し、認定を受けることができました(^O^)/



同日に認定を受けた“同期”の皆さんと!


アチーブメント青木社長からお祝いのお言葉をいただきました!


この一ヵ月は仕事と並行してプレゼン審査の練習を繰り返しました。

多くの先輩プロスピーカーの方にフィードバックをいただきました。

社長という立場で仕事をしていると社内では率直なフィードバックがなかなかもらえません。

先輩プロスピーカーの方々はアチーブメントという学びの場で出会った人たちなので、私の肩書など全然関係ありません。

私がサンドバック状態になるほど激烈なフィードバックをいただけます。





多くの皆さんにお世話になりましたが、特にお世話になった方がこのお二人です。

本当に本当に感謝しています!


厳しく温かく接してくれた宇田川BPSと!


親身にご指導いただいた尾花SPSと!


普段いかに肩書に支えられて仕事をしていることを痛感しました。

自身の成長のためには定期的に丸腰で“戦場”に赴かないといけないですね。



認定を受けた、その日の夜に協会の研究会で、合格者を代表してプレゼンもさせたいただきました。

東京から名古屋、大阪、福岡、熊本を中継で結んで200名近くの方々の前でプレゼンをするのは気持ちいいですね。








プレゼンテーマは良い会社をたくさんつくる!~すべては自分が源~

当社が事業である、経営計画を全国の中小企業に普及させるということに、アチーブメントさんで学んだ選択理論をドッキングさせ、世の中に良い会社をたくさんつくることが私の使命。

「自分が源」というのは、経営コンサルタント一倉定先生がおっしゃった「世の中に良い会社や悪い会社はない。良い社長と悪い社長がいるだけ」という言葉を引用し、良い会社になるためには経営者自身が良い社長にならなければならないということ。

まずは私が経営者として、社員を変えようとするのではなく、自分自身が変わることにより良い社長になり、結果良い会社をつくることができる。

私には、自社が取り組んで成果を出し、それを悩み多き中小企業経営者に伝える義務がある。

良い会社がたくさんできれば、そこで働く社員もその家族も幸せになれる。

そして、より良い社会をつくるために、自分の役割から最大限に貢献していく!




このような内容で、ご参加されていた皆さんにお伝えすることができました。

その後、多くの方々からお祝いのメッセージや感想をいただき、感激しました。

この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました!





途中正直言って挫折しそうになるくらい「私が一番伝えたいことは何か?」について悩んで悩んで悩みまくりました。

普段、中小企業経営者や税理士先生の前でお話させていただく機会も多いのでしゃべり慣れているつもりでしたが、今回は新しい要素も加味して話すので猛烈に練習もしました。

苦しんだ分だけ審査に通過し名前を呼んでいただいた時の達成感はひとしおでした。




達成感を味わうのは先週末で終わり、これからが本当のスタートです。

次は私が貢献する番。

身近な人に貢献できる人間、そして、社会に貢献できる人間になります!

2016年10月23日日曜日

Vol.70 何をやるかより誰とやるか!

今日は長男と一緒に東京体育館で開催されていた、新極真会の「全日本空手道選手権大会」を観戦してきました。








久しぶりにフルコンタクトの空手を見ましたが、スピードもあってスゴイ迫力でした。

うちの長男は2年前から空手を習っています。

普段はおっとりしていますが、超一流同士の対戦を間近で見て少々興奮気味でした(^^)

子供達には何でもいいので好きなことに打ち込んで欲しいものです!








さて今日は、何をやるかより誰とやるか!

先週はフェイスブックでの告知のとおり、ベトナムのハノイまで視察旅行に行ってきました。

3泊4日の旅。

昨年の3月にはホーチミン、ダナンに行きましたが、首都ハノイは初めて。

昨年建築されたノイバイ国際空港を降り立った直後は、昨年と随分ちがう印象。

道路も整備され、オートバイの大群が見当たらない。

同じベトナムでも土地によってそれぞれか、と思いきや…





やっぱり、バイクの大群が現れました。

それにしても、交通ルールなんてあったもんじゃないし、信号も最小限なのに、事故がない。

鳴りっぱなしのクラクションに少々困惑しつつ…

日本だと不快感情を表現するためのクラクションだけど、ベトナムでは「危ないから気をつけてね~」と相手を思いやるクラクションに聞こえて、4日間で慣れたどころか、日本に戻ってきて淋しさすら感じます( ̄▽ ̄)





今回は昔勤めていた会社の同僚に声をかけていただいたのがきっかけ。

何から何までアレンジ、アテンドしてもらい、実習生の日本への送り出し事業を営む会社、日本語研修センター、ローカル会計事務所、ローカル製造業など7箇所をまわってきました。

現地の情勢、国民の意識、文化、ビジネスに対する考え方など、異国に行かないと気づけないことがたくさんありました。

折角お金と時間を使って行くのだから、と私は完全に商売モード!

ちょっと気負っていたかもしれません。






3日目の朝、元同僚の彼と早朝ランニングした際に彼にこう言われてハッとしました。

ベトナムはどう?

事業は儲けなければいけないけど、この国にまた来たいと思った?

事業で得をしそうってだけでは、長続きしない。

この国の人とこの国の食事を食べながら、また話がしたいか、の方が大事なんだよね。





そうだよね。

私は忘れていました。

約3年前に事業を引き継ぎ、新しいことに取り組まねば。

この人のことは、あんまり好きになれないけど、この事業コンテンツが欲しいから手を組もう。

私の損得勘定が先に立ち、そのアライアンスはうまくいきませんでした。






その時、感じたこと…

何をやるかももちろん大事だけど、誰とやるかがもっと大事!

日本国内では、その判断基準で事業を進めてきたつもりですが、この度の海外では普段と環境が違う中で、すっかり忘れていたようです。





2020年の東京オリンピックの招致プレゼンで「おもてなし」という言葉が流行しましたが、この4日間アテンドしていただいた、元同僚の会社の現地スタッフの皆様から最高のおもてなしをしていただきました。

また来たい、また話したい、と心底思える人たちと仕事ができていることが幸せです。

13年前の出会いからお互い別の道を歩いていても、いつも気にかけて声をかけてくれる、元同僚に感謝です!




やっぱり事業は何をやるかより誰とやるか!ですねo(^_-)O







2016年10月11日火曜日

Vol.69 社内公募

先日ある方から「ブログの更新頻度が下がるときは、お忙しいときですよね」というご指摘をいただきました( ̄▽ ̄)

忙しいけど、心は亡くしてませんよ(笑)

以前、とある有名人事コンサルタントの方からは、私の適性検査をご覧になって、このようにおっしゃいました。

浅野さんが「忙しい」というときは「嬉しい」と言っているのと同じ

「忙しい」と連呼するときは歓喜の状態だ!

ということで、連休明けも張り切っていきます(^O^)/






さて、本日は社内公募について。

私は、手を上げた社員にチャンスを与えることにしています。

同じ能力なら、やる気のない社員よりやる気のある社員にチャレンジしてもらいます。

もちろん、やる気があるなしは定量的に測りにくいので、まず行動で示してもらいます。

手を上げることが、行動の第一歩です。




当社は12月決算、1月スタートの会社です。

会社は毎年1月5日が経営計画発表会の日です。

社員の皆さんは、この日が仕事における1年のスタートです。

私の1年のスタートは、毎年11月第一月曜日に行う来期方針の発表会です。

今年は11月7日になります。

そのため、現在必死に来期以降の5ヵ年計画と来期の方針を練っています。







その来期方針の発表会にむけて、去る10月3日の全社会議で2つの社内公募を行いました。

ひとつは管理職の公募、もうひとつは来期設立予定の子会社の立上げメンバーの公募です。





管理職については、管理職は一度就いたら既得権益になってはいけないとの思いがあります。

現在の管理職の皆さんは一旦職を解き、新たに任命する方式を取ることにしました。

当然社長である私も、今の立場を既得権益などと思っていませんし、一年一年緊張感を持って臨んでいます。




子会社設立の立上げメンバーについては、イギリスの南極探検家であるアーネスト・シャクルトンの言葉を借りて、ベンチャースピリット旺盛な社員を募集しました。

子会社の詳細については、もろもろ固まりましたら関係者の方には報告いたします。




こちらの公募は、先週の金曜日10月7日20時をもって締切り、管理職に10名、子会社立上げに7名の社員からの募集がありました。

告知直後の出足が悪かったので、こちらの期待通りに手を上げてくれるかどうかを心配しましたが、思ったより多くの方に応募いただき感謝しています。

手を上げてくれた皆さんはもちろん、今回の公募について真剣に考えていただいた皆さん、本当にありがとうございました!



ただ、手を上げたからといって、すべてが叶うとは限りません。

これから応募いただいた皆さんからいただいた自己PR文を拝見して決めていきます。







機会は公平に与えますが、結果は平等にはなりません。

今回は意に添わない方もいらっしゃるかもしれませんが、私は手を上げる方には、手を上げ続けていてくれる間は、成長の機会を与え続ける覚悟です。


強く求めるもの、願望が強いものが、得たいものが得られると信じています。

私自身も願望を強く持ち、ありたい姿に向けて日々精進していきます!

2016年9月26日月曜日

Vol.68 旧友との友情

土日は船橋で『超★妄想会議』という、もうすぐ創立30周年を迎えようというちょいと歴史ある企業にあるまじきネーミングの合宿をしてきました。

簡単にいうと新規事業、新規サービスの開発会議です。




週が明けて本日は大阪に来ています。

珍しく飛行機で大阪入り。

飛行機が2時間遅れ、初めて一旦乗った飛行機から別の飛行機に乗り換えました。

乗り換えた飛行機も離陸する前に異常点検で、身の危険を覚えました( ̄▽ ̄)

無事大阪に到着、明日広島に移動し、木曜日に東京に戻る予定です。







さて、今日は旧友との友情について。

私は新卒で飲料メーカーに就職しました。

その時の同期が11名。

辞めた人もいれば、今も残っている人もいます。

今年で丸20年、ずっと勤め続けている同期には頭が下がります。






そんな同期の一人からこの土日にメールが…



少し先ですが○月○日の○曜日に夜時間ありませんか?

東京に出張で行くのでもし時間があればご飯でも食べませんか?






私が辞めてから16年も経つのに、このように誘ってもらえるのは本当に嬉しい。

でも、気が重い…






お互い進む道も違い、今置かれている環境もまったく違う。

私は、尊敬する方や尊重し合える仲間と夢のある話をしていきたい。

でも、その彼との最近の会話はまったくそうでない。

会社や上司への愚痴ばかり。

うちの社員が私に対して愚痴を言っているのかと錯覚をおこすほどに。

聞いているこちらが辛くなる。






この土日一緒だった、当社の安江さん、山脇さんに相談に乗ってもらいました。

正直気が重いんだけど、どうしよう、と。





そしたら二人とも



友達だからこそ正直に言ってあげれば



と言ってくれました。









そこで、先ほどこんなメールを彼に送りました。




こんばんは。

いつもありがとう。

連絡が遅くなり、申し訳ありません。

○月○日は空いています。

ただ、この連絡に躊躇し連絡が遅くなりました。

流せば済む話かもしれませんが、大切な友人なので敢えて言います。

友人であり同期であり、辞めてからも定期的に連絡を取り合える仲を続けてくれていることに非常に感謝しています。

その一方でここ最近○○から発せられる言葉は、私にとってはすべて愚痴に聞こえます。

上司に嫌われたから、周りは超一流大学出身だから、自分はもうこれ以上出世できないなど、すべて自分が選択してきた人生なのに、なんで自分が善周りは悪という話になってしまうんだろうと、うちの会社の人間ならこっぴどく叱るはずなのに旧友だから遠慮してしまっていました。

○○はそんなつもりはないというかもしれませんが、聞く方は少なからずそう感じてしまいます。

また同じような話になるのであれば、日程は空いていますが遠慮させてください。

なぜなら自分の大切な時間は大切な人と夢のある話をしたいからです。

○○は僕のとって非常に大切な人です。

一方でここ最近の○○との時間は僕にとって決して有意義とは言えません。

僕は50歳までのこれから5年で、もうひと勝負をかけるつもりです。

凡人がエリートに勝つために死ぬ気で働きます。

会う人も選別していきます。

旧友と夢を語る時間は有意義ですが、愚痴を聞く時間はありません。

生意気を言って申し訳ないけど、今の僕の正直な心境です。







開封済みですが彼からの返信はありません。

大切な友人を一人失ったかもしれません。

でも、どんな結末になろうと後悔はありません。

なぜかというと、何かを失えば新しい何かを得られるかもしれないから。





友達だからこそ正直に言ってあげれば



と言ってくれた二人は友達というより戦友。

そう言ってくれた二人とは何でも言い合える仲が築けているから。




と思っているのは私だけか…( ̄▽ ̄)

2016年9月21日水曜日

Vol.67 細かいことを気にしすぎ

昨晩台風が近づいているにもかかわらず食事会へ。

早めに帰ろうと思いつつも話が盛り上がり、次第に時間も気にならず。

ただ究極の晴れ男の私にかかると、帰る時間には台風も温帯低気圧に。

結局昨日も傘要らずでした(笑)





昨日は一日社内で幹部会議とリーダー面談。

月一回必ずリーダーと呼ばれる管理職と1時間の面談をします。




ちなみに当社では管理職にマネージャーという役職名を使用していません。

マネジメントの目的は成果を出すこと。

管理職にはマネジメントはもちろんのこと、管掌部門メンバーに将来ビジョンを示しリーダーシップを発揮してほしいとの思いから、呼称をリーダーとしています。

一般的な部長級をディビジョンリーダー、課長級をグループリーダーとしています。





その中で執行役員でビジネスソリューション・ウェストディビジョンのディビジョンリーダーである手塚さんとの面談でのこと(※横文字が嫌いと言いながら組織名や役職名は横文字満載です(笑))。

普段、私は幹部会議でもリーダー面談でも「もっと売上を上げろ」だとか「彼(彼女)の営業成績が悪いのはなぜか?」などの指摘は一切しません。






指摘することはこんなことばかり。



気持ちの良い挨拶しろ!

お礼を言え!

悪いことしたら謝罪しろ!

遅刻するな!





誰にでもできるはずの簡単なことでも実際できているかどうかは別です。

あり方と言えば大げさですが、当たり前のことを当たり前にやることを高い次元で求めています。





手塚さんから

浅野さんは結果を責めたりしませんよね。

挨拶だとかの細かいことは自分たち(リーダー)がちゃんと言うべきですね。




そこで気づいたこと。



自分は細かいことに気にしすぎなのか…

そんな細かいことばかり気にしているから、本来経営者としてなすべきことに集中できていないのではないか…







ということで、非常に大事だと思ってはいるが、


上記のような細かいことは一旦リーダーに任せよう!

私は本来経営者としてなすべきことに集中しよう!


と決意しました。




今経営者としてなすべきこととは、来期以降のビジョン構築とそれに不可欠な新規事業の開発ですねo(^_-)O




ただ、リーダーに任せて当たり前基準が下がるようなら、また口を出しますけどね( ̄▽ ̄)

2016年9月13日火曜日

Vol.66 エグゼクティブの働き方 

昨日は午前中大阪、午後はとんぼ返りで東京へ。

新卒向け会社説明会と社内外の打合せ4件。

体力がないと続かないですね。

3ヵ月間続けてきたダイエットの目的は活動的に仕事を続けられる健康を手に入れること。

圧倒的な仕事量をこなすためには体力が必要ですね。





今日は、先週「NN構想の会」という税理士・会計士向けのイベントで基調講演された、元アップル・ジャパン社長山元賢治さんのお話から。

テーマは『これからの時代に求められるリーダー』

非常に興味深い内容でした。

冒頭で

地球上でたった一つの真実は変わり続けるということだけ

のっけからインパクトあるフレーズから始まりました。

外資系企業を渡り歩き、当時低迷していたアップル・ジャパンの再建をスティーブ・ジョブズ氏から託されたわけが、話の端々からビンビンと伝わってきます。

現在、山元さんは次世代リーダーを育成する事業に取り組んでいらっしゃいます。






山元さんのご講演のなかで、一番印象に残ったのは、アメリカのエグゼクティブの働き方

アップルでは日が昇ったら働き始める。

朝5時からトレーニングしてシャワーを浴びて7時から会社に来ている。

会議は朝から晩までぶっ続け。

トイレは各自勝手に行き、寝ているようなら即座に「出ていけ!」、つまりクビ。

知力もさることながら尋常じゃないほどの体力も必要





今比較すると悲しくなるので当社とは比較しない(u_u)





そこで考えてみた。




中小企業にはそもそも知力体力が備わった人材が集まらないのか?

知力も体力も劣っているのに相応の働き方しかしないから中小企業のままなのか?




私がエグゼクティブに勝つためには何が必要なのか?


中小企業が大企業に勝つためには何が必要なのか?





アメリカのエグゼクティブと言われる、もともと能力の高い人が、最高のコンディションで、普通の人には真似できないくらい長時間働かれたら、私のような凡人は太刀打ちできない。





だからこそ、できることからやっていく。



健康を追求し最高のコンディションをつくる。

そして、人の倍働く!




そんな決意をした貴重な講演でした(^^)


2016年9月11日日曜日

Vol.65 そこに信念はあるか?

9月に入ってから出張続き。

先週は京都、今週は伊香保、昨日は都内恵比寿でも美味しいものをたくさんいただきました(^_-)







さて、今日は信念を持つことの重要性。

以前の私は非常に他人の目が気になるタイプでした。

他人からの批判批評を気にしてしまい、感情が安定しないこともしばしば。





でも、今はまったくと言っていいほど気にならなくなりました。

きっかけは今から4~5年前に学生時代の悪友数名との食事会。

そのうちの一人から言われた一言でした。





本当にチャランポランで学校にもまともに来なかった彼は、今では数百名の社員を抱える会社の経営者。

食事の会話は学生時代の思い出話や近況報告で、昔のように何も利害関係のないなか5~6時間という時間もあっという間。





そんななか、ふと

俺さ、結構社員からの批判が気になるんだよな…

彼はすかさず

お前は誰のために、ものごとを決めてんの?

私は瞬間的に

お客様のため、会社のためやで






すると彼は



だったら、お前の信念が足りんだけや



その意思決定に少しでも私利私欲が入っていたら後ろめたさで他人からの批判批評が気になってもしょうがない

私利私欲なくお客様のため会社のために強い信念を持って意思決定していれば、他人からの批判批評なんか気にならないはず







猛烈に心に響いたにと同時に、あのチャランポランだった奴がこんなこと言えるようになったのかという驚きが湧き上がってきたのを今でも鮮明に覚えています。







そういう彼の助言があってから今では

それは本当にお客様のため、会社のためか、そして、そこに私心はないか

今考えうる最高の結論だという信念を強く持って意思決定をしています!







経営者の仕事は意思決定。


志高く信念を貫くをこれからも継続していきます(^^)


2016年9月6日火曜日

Vol.64 目標の高低

今日は密室に籠って戦略を練っています( ̄▽ ̄)

というのも当社は1月スタートの12月決算。

通常、当社のスタートは毎年1月5日、さかのぼって11月の第一月曜日に次期以降の5ヵ年計画と方針発表を行います。

よって、経営者の私にとっての“正月”は11月の第一月曜日

本年は11月7日ということになります。





経営者の仕事は決めること。



決めたら社員の皆さんに頑張ってもらうしかありません。

もちろん、中小企業なので社長である私も経営だけしていればいいというわけでなく、プレーヤーとしての仕事をこなしますよ(^_-)

いつも言っているように一度決めたら100%やり切るだけ。

100%やり切らない(Do)と決めたこと(Plan)が正しかったか否かの検証(See)ができないからです。





ただ、今年は目標設定に関しては少し考え方を変えようと思っています。





というのも、今までの私の考え方は


売上高5億円の目標に対して達成率105%で5億2500万円よりも

売上高6億円の目標に対して達成率90%で5億4000万円の方がえぇやろ


というもの。




率よりも額だ!

著名な経営者の著書から学んだものが妙に腑に落ちて採用していました。




でも、これだと目標を発表した時点で

いかんでもえぇんやろ

という印象を持つ方もいらっしゃるよう…(u_u)






なので、今年はこのあたりを慎重にしようと考えています。




来期の目標達成の時刻を以下の時間に設定( ̄▽ ̄)


12月31日23:59


社員の皆さんのポテンシャルを120%引出し、最後の最後の瞬間でやっと目標達成できるレベルで社員の皆さんとこの上ない達成感を味わいたい!



ここから2ヵ月間が私にとっての超繁忙期o(^_-)O

直前まで戦略立案、そして、ギリギリの目標設定に頭を使っていきます!

2016年9月2日金曜日

Vol.63 スペシャルコラボ

今日は一日京都でお仕事です。

京都は京都らしい気候ですね(^^)

最近「あ○い」とは言わないようにしています。

言ったところで涼しくなりませんからね。

数回前のブログで人格を高めることの重要性について書きましたが、これも自身の人格を高めるための修行です!






仕事とは、京都のお客様からご指名をいただき、セミナーでお話させていただくこと。

50名以上のたくさんの方にお集まりいただき、80分間の講演。













『誰でも簡単にできる!MAP式経営計画 ~「絵に描いた餅」も描かないより描いた方がマシ~』というタイトルで経営理念とビジョンの重要性について、自社の事例を交えて精一杯お話させていただきました。





経営計画がテーマだとどうしても小難しい話になりがちですが、私が一番伝えたかったのは



将来のありたい姿を明確にすること



数値目標はもちろん大事。

それ以上に存在意義を示す経営理念と目指すべきビジョンが大事。

理念・ビジョンなき数値計画は、それこそ「絵に描いた餅」になる。



ご受講いただいた皆さまにその意味が伝わり、今後の事業活動において何かしらの行動をしていただけることを願っています。






今回のように様々な方から様々な場所に呼んでいただけるようになったことは、本当に感謝しています。





ただ、今回は少し違います。

当社のトップコンサルタントの山脇さんとセットで呼んでいただきました(^O^)/

自社企画以外では初めてですかね。









山脇さんの講演タイトルは『目標突破の仕組み』

彼の話は、私が話した概論的なものより詳細な具体論。



目標突破=目標設定×目標共有×目標管理



こちらを当社や関与先の事例を用いて話しています。

いつも感心しますが、彼は本当にわかりやすく上手に話しますね。

うちはまだ小さい会社ですが、タレントが揃っています!

話の上手さだけでなく、私にとっては彼の存在自体に感謝です(^^)






はじめて2人セットで呼んでいただいて気づいたこと。



ここ10年、特にこの2~3年は彼と多くの時間を過ごしてきたので、お互いがお互いの話をよく理解できるし、おそらく入れ替わっても同じクオリティーで話ができるんじゃないかと感じたことは大きな収穫でした。

それと、彼の自己紹介のなかで「浅野は尾張出身、私は三河出身で歴史上も実際の私たちも仲が悪い」と憎まれ口をたたきながらも(本当に嫌っているかもしれませんが…(笑))、彼の講義の中では「浅野が言うように~」と何度となく私をティーアップしてくれました。

まさに“愛と勇気を与える男”山脇さんの愛を感じました。






そして、ここまできて今日のブログの主旨ですが…( ̄▽ ̄)




私と山脇の2人セットのご指名をお待ちしております!



最後までご覧をいただき、ありがというございました!

2016年8月31日水曜日

Vol.62 ランニング

今月31回目のブログアップです。

8月はじめにブログ更新に関する目標設定をしました。

今日まで3日間一緒に熊本をまわってくれた、福岡支社長の田中さんから刺激を受けて、8月は毎日ブログをアップすると!

既報の通り、目標を立てた途端、8月1日に会食で飲みすぎてしまい、初日にこけてしまいました(T . T)

翌日2日のブログでは31回分アップすると宣言。

宣言したからには、やり切ることが信条ゆえ最終日で目標達成です(^O^)/





今朝のブログで報告したように8月末で3ヵ月で18kg減の70kg切りという目標も達成しダブル達成!





それからもう一つ、秘かに最後に追い込んだのがこれ。







8月のランニングの距離が100kmを超えました!

少しだけウォーキングも入っていますが、おそらくこんなに走った月はなかったはず。




今月初旬の幹部合宿で、当社取締役の安江さんと恒例の早朝ランニング。

その時安江さんが「今月は100km走る」と言うもんだから、その100kmという数字が頭から離れず…

安江さんはフルマラソンでサブ4切りを狙ったトレーニング。

私としてはダイエットのために有酸素運動をしているのであって「月100kmは無縁だ」と思っていました。

ただ、8月に入ってダイエットでもがいているなか、ランニングアプリの統計を見ると結構な距離を走っている。

熊本に入ってからも最後の追い込みのためランニングを続け、気づいたらあと6km弱で100kmに到達するではないか!

昨晩祝杯をあげ若干の二日酔いのなかで今朝も走ってきました。

ということで、自分の中ではトリプル達成!




私はどちらかというとランニングが嫌いでした。

以前参加していた勉強会で知り合った友人たちに誘われ、皇居ランを始めたのがきっかけ。

走ることよりその後の食事会が楽しみで参加しているようなもの。




ただ、ここ最近はちょっと変わってきました。

ダイエットのための義務感から少しずつ走らないと気持ち悪い状態に…

出張先にもランニングシューズを持っていくことが多くなりました。

もうすぐ夏が終わり、ランニングのシーズンに入ります。

2017年の東京マラソンでは5時間切りを目指し、年内にハーフマラソンを2回走ろうと企んでいますo(^_-)O

(注)まだ東京マラソンの抽選結果は出ていません( ̄▽ ̄)





だんだんランニングが義務から趣味の域に変わってきたようです(^^)

体重キープ、健康維持のため9月も引き続き走ります!

Vol.61 自己開示

熊本のお客様訪問が終了しました。

この訪問でお話させていただいたなかでは、物的被害はあったものの人的被害はなかったようでした。

皆さん一応に「起きてしまったことは仕方がない。これからできることをやっていかねば…」と前向きな言葉をいただき、こちらが勇気づけられました。

熊本の皆さん、ありがとうございました。






さて、本日は自己開示。

以前の私は自己開示が非常に苦手でした。

というより大嫌いでした。




数年前から税理士・会計士や経営者の方に向けて講演させていただく機会が増えるなか、私にような経歴の者が社会的ステータスが高い方たちに為になる話をできるだろうか?

話の内容よりむしろのような経歴の人間が話していいのか?というコンプレックスが先立っていました。




こちらのブログでもお伝えしている通り私の経歴はこんな感じ。



①地元の進学校に入学するも470人中465番

②周りが有名一流大学にいくなかで2浪して三流大学に進学

③面接を受けた18社すべてから内定がもらえず親のコネで就職

④30歳になるまでIT機器とは無縁の肉体労働

⑤こらえ性もなく他人のせいにして4度の転職

⑥バツ1自分に非があり前妻へ多額の慰謝料の支払い



自分で書いていてこの人大丈夫かと思ってしまいます(笑)




自己開示が大嫌いだった私の心の扉を開いたきっかけは3年前の出版でした。

読んでいただいた方はお分かりだと思いますが、私がこの世で初めて発見した原理など一つもありません。

こういうと価値のないように感じますが、著書というのは本質的な原理原則にその人の生き様を加えることで意義深くなるものです(出版評論家みたいなこと言って申し訳ありません)。

本を読まれる皆さんも「そんなこと当たり前だよな」と思って読むコンテンツもあるかと思います。

ただ、あんなスゴイ人が書く(言う)から「えぇ話やな~」ということになると思うんです。




私は商業出版をする際に、企画書の書き方や出版社の紹介をしてくれるスクールに通いました。

その主催者の方にお前にはもっと何かあるはずだと問いただされるがまま、自己開示をしていったのを覚えています。

今ではその方との交流が少なくなりましたが、自分がブレイクスルーするきっかけをつくってくれたことを感謝しています。




いったん自己開示してしまうと、理由はよくわからないのですが、今まで何で言いたくなかったのかさえよく分からない状態になります。

以前もダメ人間、今もダメ人間の話は誰も聞いてくれません。

しかし、以前はダメ人間でも、今では人からも評価していただくようになり社会的意義のある仕事をさせてもらっている。

だから、自己開示してからは私からお伝えできる話は必ずあるはずという根拠のない自信が芽生えてきました。

最近では、自分の経歴を話すところからセミナーをスタートします。





それから、セミナーにご参加される方すべてに何かを持って帰ってもらいたいという気持ちはもちろんありますが、良い意味ですべての人に好かれようとしないということも決めています。

どんなにあがいても過去は変えられませんし、セミナーなどでお伝えできることは自分以上でも自分以下でもなく今自分の中にあるものだけですから。





私は自己開示をすることで、本当の意味での自信が持てるようになりました。

今では過去のダメだった自分も武器になっています!

Vol.60 コンプリート

熊本のお客様訪問3日目。

今日は一日晴れ予報。

今日が最終日なのでやり残しがないよう頑張ります(^^)






さて、今日はコンプリート。

何が?

この3ヵ月間取り組んできたあれ(^_-)

5月14日に88kgあった体重を8月31日までに70kgまで落とすというダイエット目標。

昨日一日前にコンプリートしました(^O^)/







69.5kgで目標値をクリア!





昨日夕方から熊本市内から天草への移動。

出張中で今どういう状況かわからないなか、“現在地”を知るため体重計に乗れる方法を探っていたところ、同行してもらっている福岡支社長の田中さんから


お風呂には体重計ありますよね


という提案。

そうだよね、ということで、ホテルの方に聞いてスーパー銭湯に行ってきました。





行くなり服を全部脱ぎ捨て、体重計に一直線。

結果は70.5kg。

日曜日朝に測った72.2kgから落ちてる。

この3日間食事の量を減らし、毎日3リットル以上飲んでた水も500mlのペットボトル1本だけにしました。

日曜日、月曜日の夜には9kmのランニングで、身体の水分量が減少しているなか汗をかきました。

ランニング後水分もとらず熱いお風呂に入ってダメ押しの汗をかきましたので、何度か立ちくらみがある状態でした。

皆さんはマネしないでくださいね。






ダイエットを通じてつくづく思うことは

すべての事柄に因果関係がある

ということ。

食べるから太る

食べなければ太らない


たったそれだけのシンプルなことなんですね。

こんなシンプルな当たり前のことを44歳になって初めて知りました。







達成後は田中さんと祝杯!

スーパー銭湯につき合ってくれて、携帯をもつと数百グラム増えてしまうもんだから、真っ裸で体重計に乗っている私を前に写真を撮ってくれました( ̄▽ ̄)

本当に感謝しています(^^)







糖質が多く、この3ヵ月控えていたビールで乾杯!






キレのあるアサヒスーパードライは最高の味でした。








5分で飲み干してしまいました。

ただし、ビールは一杯だけ。

2杯目からはいつものハイボール。









ダイエットにはアルコール自体が良くないんですが、

今日ばかりは…

ということでついつい飲みすぎてしまい、昨日ブログをアップできませんでした。

今月19日にお酒を飲んで以来一滴も飲んでいませんでしたので、若干の二日酔いです( ̄◇ ̄;)





充実した3ヵ月で達成感もありますが、これからが本番。




見た目もイケてる経営者になる!

活動的に仕事を続けるための健康を手に入れる!




というダイエットの目的を果たすべく今日から再度健康維持に努めます。

応援していただいた皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

2016年8月30日火曜日

Vol.59 「Do」の重要性

熊本のお客様訪問2日目。

予報では午前中雨が降るようですが、きっと今日も傘をさすことはないでしょう( ̄▽ ̄)

今日も私ができることを精一杯やってきます。





さて、今日は「Do」の重要性について。

当社の事業の本質は、経営計画を日本全国に普及させることにより、中小企業にPlan-Do-Seeを定着させ、その結果、業績向上や経営体質強化につなげること。

つまり、経営計画という手段で、中小企業にPlan-Do-Seeを定着させることを目的としています。






そんな中で、多くの中小企業を見てきて思うことは「Do」の部分の不足。

つまり、実践、実行しないことです。

もちろん、経営計画なんて「絵に描いた餅」と言って、Plan(仮説)すら立てない経営者の方もいらっしゃいます。

でも、それ以上に問題なのは

「やれ」と言われたことすらやらなければ、自分で「やる」と言ったことすらやらないこと







私が経営者向けのセミナーでお話しするときに「PlanとDoとSeeのどれが一番重要ですか?」と質問します。

手を挙げてもらった結果はだいたい「Plan:Do:See=4:1:5」というところでしょうか。




そこで私はこのように答えます。




もちろん全部重要です。

本や学者さんの見解も様々ありますが、私は「Do」が最も重要と考えます。

なぜなら、100%実践(Do)しなければ、その仮説(Plan)が正しかったかどうかの検証(See)ができないから。

コンビニの王様と言えば、セブンイレブン。

セブンイレブンがローソン、ファミリーマートと一日の一店舗当たりの売上高が2割も違うのはなぜか?

もちろん、商品力も違うでしょうが、売られているものは飲料、弁当、雑誌など大差はないはず。

私が言うには「Do」の差。

私の知り合いで過去にセブンイレブンの本部にいたことがある方が言ったことが忘れられません。

よその会社(転職されたセブンイレブン以外の会社)ではやれって言われたことすらやらないのにびっくりした

衝撃でした。

セブンイレブンでは、やれと言われたことは100%やり切るそうです。

決めたことをやらないことは考えられないばかりか、そのような風土だそうです。

初めて立てる経営計画では、うまく仮説が構築できないかもしれない。

でも、その仮説を100%やり切り、何がうまくいき、うまくいかなかったものは何が原因かを検証すれば、次の仮説は最初より精度が高いものになる。

初めから精度の高い仮説を構築することに多くの時間を割くよりも、「Do」を100%やり切りながらPlan-Do-Seeのサイクルをいかに速くよりたくさんまわすことに注力しましょう!





ご指名いただいたセミナーなどでもう100回以上はこの話をしたと思います。




もちろん、考えることは大事。

一方で、考えているだけでは何も変わりません。

自分への戒めも込めて今一度「Do」の重要性を思い返してみました!

Vol.58 明るく元気で素直

今日は熊本のお客様を訪問してきました。

目的は遅ればせながらのお見舞い。

皆さん「落ち着いた」「多少の揺れには慣れた」とおっしゃっていただいたものの、震災当日のあの下から突き上げる揺れについては「生きた心地がしなかった」とのこと。

また、熊本の方のシンボルである熊本城の被害については精神的なショックが大きいとおっしゃっていました。

私はお見舞いに伺いお話を聴くことしかできませんが、明後日まで熊本のお客様を訪問します。






さて、今日は明るく元気で素直について。





私が社長に就任してからの意思決定のひとつに新卒採用を毎年するというものがあります。

今年4月入社が6名、来年入社も4名が確定しています。

当社が採用したい「人財」をペルソナに落として、評価基準を明確にして、採用に関してもPlan-Do-Seeをまわしています。

当社の採用プロジェクト『MIRAI ACE PROJECT 2017』が試行錯誤しながらやってくれていることに感謝しています!





いろいろ研究してくれているプロジェクトメンバーがどう思うかわかりませんが、私が担当する最終面接の採用基準は…





明るく元気で素直な学生さんであれば誰でもいい





内定者の皆さんに誤解されるかな。

私にとっては、超高レベルな要求です。

そんな学生さんは100人に1人、いや1000人に1人ですよ。





その場だけ明るくしてカラ元気で素直を取り繕う学生さんはたくさんいますよ。




でも、常にポジティブなオーラを出し(明るく)人に良い影響を与え(元気で)自己実現に対して不断の努力をする(素直)人なんてなかなかいませんよ。


そんな学生さんに内定を出し、これからもそんな学生さんを求めています(^^)





まだ内定をいただいていない方、内定をもらっていても就活に満足していない方、まだまだ会社説明会をやっています!


是非お越しくださいo(^_-)O

2016年8月29日月曜日

Vol.57 幹部の条件

今日は熊本。

今は晴れてるけど、雨の予報。

どこまで晴れ男伝説が継続するのか( ̄▽ ̄)






さて、本日は幹部の条件。

8月20日のVol.47 面倒臭い上司でも私の面倒臭さぶりを披露しましたが、うちの経営幹部の皆さんにも普段から非常に面倒をかけているので、感謝しています。

昨日は早めのフライトで熊本入りしたので、カフェで読書。

読書しながらもいろんなことを考えていると、当社の経営幹部の皆さんはどんな考え方を持っているのかな、とふと頭をよぎる。

すかさずチャットワークの経営幹部スレッドで「お休みの日に申し訳ありません」と問いかけを始めます(そう言いながらも「休みの日に鬱陶しい」と思う方はうちの幹部にはいないと信じています)。




今取り組んでいることは長期的・客観的・本質的に見てビジョン実現に直結しているか?というもの。




現在の幹部会議では全社的な問題を様々な視点で、その問題個々に真剣に議論しています。

ただ、それが全体感のなかで優先順位が高いものかどうかが、冷静に考えると疑問に思うものもあります。



20%の優先事項で80%の成果を上げるというパレートの法則に沿ったタイムマネジメントができているのか…



こんな感じで私に考える時間を与えてしまうと面倒な問いかけが増えてしまうわけです(^_-)








まだうちは50名弱の組織です。

社長である私が決めて「こうしてほしい」で済む規模感です。

ただ、将来社員数を増やしていこうと思っていますので、私一人では限界があります。

私の実体験からすると、社長一人で組織を有効的にマネジメントできる人数は30人まで。

「5や10の壁」と言われるように50人、100人を超えてくる段階になると、社長の右腕、左腕と言われる存在が必ず必要となってくると、私は考えています。

今から理念やビジョンを前提とした判断基準を合わせておく必要があります。

だからこそ、幹部の皆さんにわざわざ面倒な問いかけをしています。






当社の経営幹部には以下のことを求めています。もちろん、幹部参加の会議で合意もとった内容です。

①「浅野さんだったら」ではなく、自分が社長だったらどのような意思決定をするかを念頭に物事を考えること

②「浅野さんがこう言っているから」ではなく、私が下した最終意思決定に対して自分の言葉でメンバーに伝えること





私ひとりの力量には限界があります。

幹部をはじめ既存の社員、そして、これから入ってくれる未来の社員の皆さんの力を借りてビジョン実現をしていくためには、役職が上位の方々(もちろん私も!)がワンランク上に上がらないといけないですからねo(^_-)O

私も常に未来志向・目標志向で自分自身に問いかけていきます!

2016年8月28日日曜日

Vol.56 私の強み

熊本駅前のホテルに夕方にチェックインし、脂肪燃焼のためのランニングに行こうと外に出たら土砂降りの雨。

でも、走り出す寸前で回避。

晴れ男、傘をささない伝説は続いています( ̄▽ ̄)






ということで、買ったきりになっていた本を読んでいます。

少し前に“伝説のホスト”井上敬一さんに勧めていただいたのがこれ。







『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』





こちらの冒頭でこんなことが書かれています。


1.人はだれでもほとんどすべてのことにおいて、能力を発揮することができる

2.だれにとっても最も成長の余地があるのは、その人の一番弱い部分である

というのは大きな間違いで

1.人の才能は一人ひとり独自のものであり、永続的なものである

2.成長の可能性を最も多く秘めているものは、一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である

というのが正しい。





言っていることは共感できる。

ただ、普段このように人を見ているかというと反省しきり。





それはそうなんだけど、まずは自分の強みを専用サイトで無料診断(新品の本にアクセスコードがついている)をしてみました。


私の5つの強み・資質は次のとおり。


①目標志向
…「私はどこに向かっているか?」を常に自問して、毎日この質問を繰り返す。明確な行先を常に必要としている。目標によって今の行動をふるいにかけている。



②未来志向
…「もし~だったら、どんなにすばらしいだろうなぁ」と水平線の向こうを目を細めて見つめることを愛する。未来のビジョンがエネルギーになる。



③達成欲
…何かを成し遂げたいという恒常的な欲求をしていている。毎日がゼロからのスタートで、一日単位で具体的なことを成し遂げないと気が済まない。



④競争性
…競争性の本源は比較することにある。直観的に他人の成果を気にしていて、自分の目標達成よりも競争相手に勝つことを優先する。



⑤自我
…他人の目にとても重要な人間として映りたい。持ち前の強みによって人に知られ、評価されたい。




本に書かれていることを要約していて、恥ずかしくなる内容(笑)

でも、当たっているのかな…



①②③は、まさに当社の事業に直結するもの、また、経営者にとっても必要なこと。

転職を繰り返し、やっと辿り着いた会社とポジションだけど、なるべくしてなっているのかな、と思ってしまいます。




④は、まさに私の人生を物語っています。強みなのか性分なのかよくわからないけど、うまく付き合っていくしかないですね。




⑤は、ちょっと恥ずかしいけど、そうなんです。有名になりたい、世の中にインパクトを与えたい欲求が強いのは確かです。



こちらの診断は、あくまで強みや資質を表すものという立てつけだけど、私の欲求なのか、願望なのかとも通じる部分はありますね。

当たっている感じがします。





こちらの本は3章まで進んだら診断して、その後その解説や活かし方を解説する流れになっています。

これから、この私の強みを仕事でどのように活かしていくかを読み進める中で検討していきます!

Vol.55 絶対に負けられない戦い

今日から水曜日まで熊本に行ってきます。

本当に遅ればせながらで恐縮ですが、震災後はじめて熊本のお客様へのお見舞いを兼ねた表敬の訪問です。

震災でご苦労されている皆様のお気持ちは察することはでいても体感はできない。

何ができるわけでもありませんが、今できることを少しでもお伝えできれば、という気持ちでこれから行ってきます。





さて、本日は絶対に負けられない戦い

オリンピック終了後で命を削って戦うアスリートと同じような表現で大変恐縮ではありますが、あと4日間でやり遂げないといけないことが私にはあります。

それはもちろんダイエット( ̄▽ ̄)





今朝で3ヵ月間通い続けたライザップが終了。

2度ほど出張などで週2回のペースが崩れたものの、まずは既定の1回50分24回のパーソナルトレーナー付きの筋トレをやり切りました。

この3ヵ月は糖質制限の食事を続け、時間がある際にはランニングやウォーキングの有酸素運動を取り入れてきました。




ライザップのカウンセリング時(5月14日)と今日(8月28日)の比較は以下の通りです。


体重:88.0kg⇒72.2kg(▲15.8kg)

体脂肪率:22.6%⇒17.6%(▲5%)

ウエスト:98cm⇒81cm(▲17cm)


15kg分のお肉はどこにいったんでしょうね(笑)






よく頑張った!と言えばよく頑張ったんでしょうが、まだ終わっていません。





当初立てた目標があります。

8月31日までに体重70kg・体脂肪率15%(体脂肪率はアチーバブルでなかったため下方修正)にする!

体脂肪率は一朝一夕でいかないのと、目標設定時の体脂肪率に関する認識が非常に甘かったため、今後のトレーニングで15%を目指すとしても、体重は今日入れて残りの4日間で必ず落とします!

食事制限はもちろんのことこの4日間は水分の補給も制限して極限まで追い込みます!




8月31日に一瞬でもいいから60kg台の体重計の写真をこちらで紹することを誓い、旅立ってきますo(^_-)O

2016年8月27日土曜日

Vol.54 人生理念

今日までアチーブメントさんの研修にアシスタントとして参加してきました。

このような初の場にする際にいつも心配なのは、私のとある性分。

それは極度の人見知り( ̄▽ ̄)

「そんな風には見えない」と言われますが、本当にそうなんです。

でも、今回は私以外のアシスタントの7名の方が、私の解釈では人見知りとは無縁の個性的で底抜けに明るい方々ばかり(^^)

お陰様で面白おかしく、かつ、真剣にアシスタントの仕事を全うできました。








アチーブメントさんに通うきっかけは、昨年4月にアチーブメント青木社長に当社主催のイベントに参加いただいたのがきっかけ。

昨年7月に初めて受講し、当社の管理職も順次受講させていただきました。

そこで学んだことのひとつに人生理念というものがあります。

企業における経営理念に該当ずるものです。

普段経営者向けのセミナーでは「理念なき数値計画はそれこそ絵に描いた餅」と言っていますが、個人に当てはめて考えたことがなかったので新鮮でした。







私の人生理念はこんな感じ。



【信頼・謙虚・向上心】

①信頼…縁あるすべての人に感謝して、人から頼られる存在になる


②謙虚…頭を垂れるのはもちろん、自分の力の無さを素直に認め、今を必死に生きる


③向上心…常に高みを目指し、挑戦し続ける



文章で表現するのは簡単ですが、これを日々の生き方の中で体現しないといけません。

一方で、人は易きに流れるもの。

今日を境にこの人生理念を今一度確認して、日常のあり方を見直していきます!



Vol.53 パーキングエリア

今朝(と言っても日が変わってしまいましたが…)お寺の前を通った時、玄関の掃除をしていたご夫人から素敵な笑顔で「おはようございます」と挨拶をいただきました。

いつもと違う道ですし、もちろん会うのも初めて。

道行く人みんなに挨拶をされているんだなぁ、と!

朝から気分が良くなり、今日も良い一日になりました。





さて、今日はパーキングエリア。

一般的なものではありません。

当社の会議室にパーキングエリアをつくりました?!

こんな感じで↓↓↓↓↓↓↓↓↓




なんじゃこれ?って感じがしますが、大真面目に使っています。

壁に貼るものは全てシステムソリューションの責任者の大石さんに制作してもらいます(^^)




当社は会議にもルールを設定していて、会議開始時に合意をとってから始めます。

会議のルール(グラウンドルール)はこのようなものです。


①ポジションパワーを使わない


②時間を厳守する


③いかにすれば可能かを語る


④携帯の電源を切る


⑤積極的に「聴く」「話す」「書く」「行動する」


⑥別の課題がでたらPA(パーキングエリア)へ


⑦事実・データに基づいて論じる


⑧発言は率直、かつ、不要な前置きはなし


⑨その時点で最高の結論を出す


⑩誰が何を言ったかは口外しない




当たり前のことも項目の中にありますが、しっかり文書化していることが重要です。

その中の⑥に上記の写真のものを使うのです。





使い方はこんな感じ。

会議をしていると、主題から逸れた会話で盛り上がってしまう場合があり、主題の結論がない場合があります。

一方で主題から逸れた会話の中で別の課題が浮かび上がることがあります。

そのような時に手の平大のポストイットにその課題を書き、パーキングエリア(写真)に貼っていきます。

そして、会議の最後に貼られたポストイットについて、緊急性や重要性を検討し、優先順位をつけていく、というものです。




当社は、当社自身が試してうまくいったものを商品化していくことにしています。

現在、このパーキングエリアは当社で販売はしていませんが、試行錯誤の中で成果が出たものを随時商品化していこうと思っています!

2016年8月24日水曜日

Vol.52 与えたものが得たもの

昨日はアチーブメントさんでのプレゼンの研修会に参加してきました。

6月から毎月1回のペースで全6回コースのものです。

毎月違うプレゼンテーマが設定され、グループに分かれて発表し、フィードバックをいただくというもの。

会社では立場的に率直なフィードバックをいただくことが少ないのですが、こちらでは立場は関係なくフィードバックいただけます。

厳しいフィードバックは不慣れ?!な分若干凹みますが、親身になって指導いただけるプロスピーカーの方や受講生仲間に感謝しています(^^)







昨日の研修会のテーマは人生で最も感動した体験~そこから何を学び、今どう生かしているか~





人生で最も感動した体験って、これまた難しいよな~っていうのがお題をいただいた時の感想。


ギリギリまで何を主題にするかを悩みました。




またまたちょっと恥ずかしいけどカミさんと一緒になれたことも感動したし、3人の子供が生まれた時はそれぞれで感動したし…







悩みに悩んだ末にこちらを選びました。


入社後わずか42人抜きで取締役に抜擢されたこと


私が当社に入社したのは10年前。

創業から30年近く経つし、年齢層も上の方も多いので、よく言われたのがこんなこと。


社長のご親類の方ですか?

役員待遇で迎えられた方ですか?


いずれも違います。




私の経歴を簡単に紹介しますとこんな感じです。

1972年 愛知県一宮市生まれ
1996年 某飲料メーカーに親のコネで入社
2000年 肉体労働に耐え切れず1回目の転職
2002年 事務職未経験で会計事務所に入所
2003年 作業ばかりに嫌気がさし2回目の転職
2005年 人間関係がうまくいかず3回目の転職
2006年 薄給で生活もままならず4回目の転職
2006年 紹介会社経由で平社員として当社入社
2007年 社員番号にして42人抜きで取締役就任
2010年 猛勉強のすえ税理士試験合格
2011年 専務取締役就任
2013年 処女作最強出世マニュアル出版
2014年 親族外承継により代表取締役社長就任

転職4回、プライベートではバツ1、いわゆる「汚い履歴書」です。


転職を繰り返していた頃の私はこんな感じでした。

①会社の成長と自分の成長は別物

②すべてが損得・勝ち負け

③評価されないのは会社のせい


ひどい状況ですね。

私ならこんな人は採用しない(笑)





でも、ひとつ前の会社の代表から教えていただいたある言葉で、私は自分を変えようと思ったんです。

その言葉とは…




与えたものが得たもの




何かを得よう得ようと思っても何も得られない、社会では自分が与えたものそのものが得たものである、という意味です。







今までの自分が恥ずかしくなりました。

何も与えていないのに、いかに得よう得ようとしていたかと…






その後当社に入ってからは…


①会社の成長を自分の成長と捉える


②持っているものをすべて出し切る


③プライベートという概念を捨てる


ここで変われなければ一生ダメ人間で終わると思い、必死で働きました。



65日年中無休



まさに人生の中で質量ともに最も頑張った1年を過ごしました。

そのような姿勢を見てくれている人は見てくれているんですね。





人生で最も感動した体験、それは取締役に抜擢していただいた結果ではありません。



会社の成長を自分の成長と捉え、自身の能力を出し惜しみすることなく、プライベートな時間をすべて仕事に投入したプロセスそのものを認められたこと



そして、それまで何も成すことができなかった自分がこんなにまで頑張ることができる人間だと知れたこと




まさに与えたものが得たものを実践してきた成果でした。




今回の研修会で改めて大事なものを思い出すことができました。
これからもこの言葉を体現しつづけていきます!

2016年8月23日火曜日

Vol.51 一生休んでろ

今日は学生さん向けの会社説明会で大阪へ。




新卒1年目大阪配属の喜谷さんとのコンビ。

会社概要や事業内容の説明も以前より数段うまくなっているし、彼女の特性である学生との距離感の縮め方は絶妙でした(^_−)




支社の方とは会っても月に1~2回なので、その変化が分かりやすい。

新卒だと余計にそう思います。

知らぬ間に成長している姿を見てホッとしました(*^^*)








うちの会社説明会は第1部で若手社員が話した後、第2部で私が登壇します。

私のパートではこんなことを話しています。



①私のプロフィール


②能力より先に経営理念・事業内容への共感を求める理由


③当社の事業の本質


④入社して欲しい学生に求める能力



その時々の学生さんの興味に応じてアレンジもしますよ。







その後、私と若手社員、そして、学生さんたちとで座談会を行うのですが、本日事件がありました( ̄O ̄;)




学生さんから開口一番このような発言が…



休みは~?






最近怒りの感情を表に出さないトレーニングをしているにもかかわらず、今日は多少出てしまったようです。




彼の言い分はこう。



休みはきっちり取れてオンとオフがはっきりしている方がいい

福利厚生も充実していた方がいい






これに対して私は



大企業は受けていないんですか?(この時はまだ冷静です(笑))






この問いには



大企業は社長との距離が遠いので…





心の中では



なんなんじゃこいつは(怒)



と叫んでいましたが、そこは「本音と建前」で野獣にならず冷静さを装いながら…(喜谷さんからのフィードバックでは確実にイライラしているように見えてたそうです(反省))



会社は働く場

先に休みのことが気になるのであれば一生休みを取ってはどうですか?

十分に休みが取れて福利厚生が充実している中小企業なんて私の知っている限りないですよ






あぁ大人げないなぁ~とは思いましたが後の祭り(u_u)


でも、言わずにはいられなかった。




学生さんに対してムキになったことは反省しつつも、私の主張は間違っていないと信じたい。


一方で、そんな時代じゃないのか、そんなこと言うこと自体が私の経営者としての無能さを露呈しているだけなのか、などなど、深夜のこの時間まで悩んでしまう一日でした。

2016年8月21日日曜日

Vol.50 家族の支え

今日は朝のランニングのあと立川のららぽーとへ。


特に欲しいものはなかったけど、カミさんが前からこういうのを描いて欲しかったということで…









3人のチビちゃんたちの似顔絵を描いてもらいました。




描いてくれたのは、似顔絵世界大会に入賞経験がある、花木マロンさん。






期間限定でららぽーと立川に出店していることをチラシで知って。






ここで頼もしいのは、やっぱりうちのカミさん。

『1人2000円』って書いてあるのに、開口一番大阪弁で


安ならんの?




東京の方は免疫がないのか、顔には明らかに動揺の色が…

たじろぎながら「では○○円で…」(営業妨害になるので金額は伏せますよ(笑))




すかさずカミさんはさらに捲し立てます。



もう一声!



私は頼もしいやら申し訳ないやらの複雑な心境ヽ(´o`;

「では…」と完全にうちの勝利です(笑)




値切っても流石に一流の似顔絵画家です。

素晴らしい出来ばえでした(^O^)/






そんな楽しいうちのカミさん。

ブログ上ではけったいな大阪人ですが、実際の彼女はごくごく朗らかな普通の女性。

チビちゃんたちの躾には厳しいですが、私に対して特に最近はその行動言動から愛情を感じます。

私のダイエットについてもこんなものを…






自発的に買って付箋を貼っているのを見つけた時はジーンときましたね。

私自身も陰ながら感謝するのではなく、何かにつけてありがとうと言うようにしています。

思っているだけでは何も伝わりませんから。






そんなカミさんに平日は3人の子育てを任せっきりにしているので、休みの日は少しでもチビたちと関りたい。

同じ親に育てられても3人いるとそれぞれの個性がありますね。

長男は穏やか、長女は感情表現豊か、末っ子は自由奔放。

長女はまだ4歳なのに、女性は小さい時から女性。

自分の気分次第で私にくっついたり離れたり、何か買って欲しいときは満面の笑み。

私も甘いから騙されているのがわかっていても、ついつい買ってしまう(笑)





こんな子供たちのことを、先日oton-to(オトント)というメディアに載せてもらいましたので、こちらも是非ご覧くださいね。






こんななかでも上の2人のチビが

お仕事ガンバって~





まだまだ片言しか話せない末っ子が


オ・カ・エ・リ




と言ってくれるだけで






お父ちゃん、頑張るわ!


ってなってしまう。







カミさんもチビちゃんたちも私にとってかけがえのない存在。


以前は、孤独に耐え自分一人ですべてを勝ち取ってやるって気持ちが強かったけど、今は家族のために頑張っていると言っても過言ではないですね。


ここで書くのは、ちょっと恥ずかしいけど家族の支えがあるから今の自分がある。


家族への感謝を忘れずに明日からまた頑張ります!




Vol.49 脱停滞期

今日は昨日までと違っていい天気(^^)

6時過ぎから走ってきましたが、朝でも日差しが強くて汗だくになりました。

着ていたTシャツを絞ると汗がしたたり落ちるほどでした。

その結果、一時的にではありますが…






75kg前後をうろうろしていた8月前半は何をしても空回りで、痩せるはずのことをしているのに体重が落ちずにストレスが溜まりまくりでした。

お盆も毎日8~10km走っているのになかなか落ちない。

家では一切飲酒せず、炭水化物、甘いものも一切摂らず。

唯一の罪悪感と言えば、お盆中に2回もしゃぶしゃぶの食べ放題でたらふく食べてしまったこと( ̄▽ ̄)

ここまでやっていてなぜ…






ここまでくると正直弱い自分が顔を出します。


俺はようやった

自分のためにやっているんやから他人の評価は関係ない

誰にも迷惑かけるわけやないからえぇんとちゃう





現在最も恐れている?!存在のカミさんも

こんだけ頑張ったんやからもう無理せんでえぇよ




えっ

こんだけお金を使ってるんやから絶対痩せろよって言うてたお前はどこ行ったんや…

この甘い言葉は逆にもっと無理せぇよというフリなのか

と心の中で勘ぐってしまう…(笑)







いろいろ考えることが多かったこの一週間でしたが、やっぱり目標は必ず達成したい
という気持ちが沸々と湧いてくる。

もちろん、自分自身のためですが、応援してくれる家族やリアルな場やSNS上で気にかけていただける皆さんの期待に応えたいという気持ちも強い。




そこで改めて思ったこと



最後まで諦めず最善を尽くすこと



言い尽くされた言葉かもしれないけど、焦ることなく諦めない気持ちを持ち続けることが大事なんだと、この一週間を過ごしてきました。





ということで、ある意味気持ちが楽になってから、徐々に身体に変化が生じてきてこの結果!

不思議なもんですね。





そこで、8月前半までとお盆あたりからの変化は何だったのか…




①前述のとおり良い意味での割り切りができダイエットに対するストレスが軽減した


②サプリメントでビタミンを摂ったり、特保認定のお茶を飲んだり、身体にいれるものに変化を加えた


③エアウィーブが想像以上に身体に合い睡眠の質が向上した結果、疲れが溜まりにくくなった




すべては私の解釈であり、真実はわかりません。

でも、すべての物事には因果関係がある!

仮説を立て実践し検証するという、当社が中小企業に向けて伝えていきたいことを今現在身をもって体験しています。






おそらく超停滞期は脱した模様。

あと10日最後まで諦めず最善を尽くします!

2016年8月20日土曜日

Vol.48 リアルな場でのやり取り

オリンピックでの日本チームの活躍には、どれも胸を打たれますね(^^)

その中でも今日の男子400mリレーは凄かった!

チームワークの真髄を見せていただいたような気がします。






さて、本日2回目は、リアルな場でのやり取り。




組織の中では常に問題提起が必要となってきますが、次の会議まであと一週間~10日あると待ち切れなくて、メールやSNSで複数名宛に問題を投げかけることが8月に入って3度ほど。





こんな流れで。


私から問題提起する

⇒メール上でのそれぞれの意見が飛び交う

⇒私の考え方が伝えられたことや皆さんの意見が聞けたこと、そして、ある程度共通認識が取れたことに満足する





ここまではいいのですが…

このやり取りのあと会社でリアルに顔を合わせた時に、上記のやり取りが何もなかったように振る舞っている関係者がいた。

すると、またまた面倒臭い私が顔を出す(笑)




以前お世話になった会社の先輩が言っていたこと。


メールでオーラがある人ほどリアルでは弱々しい



ホントにそうやなって思うほど、今回もメール上で立派な発言をする人ほど議論したやり取りなんて随分過去のことと思えるくらい、リアルな現場で素っ気ない態度をとります。

ちょっと淋しいですよね(u_u)





アナログ対話


当社の行動基準のひとつです。

肝心なことほど面と向かって話すことを求めています。





私もブログで書くだけでは彼ら彼女らと同じ。

もちろん、先週の幹部会議の場で吠えましたよ( ̄▽ ̄)



リアルな場でのやり取りをもっと活発にしよう!



やり方よりもあり方。

少しずつでも分かってくれると嬉しいですね!!!

Vol.47 面倒臭い上司

今日は朝7時からライザップ。

残り2回ですけどグッドシェイプを維持するためには、食事や運動は継続ですよね(^^)

それよりも8月末までの目標達成!今朝時点で70kg目標に対して73.8kg(T . T)

最後まで諦めずに頑張ります!






昨日は2017年入社の内定者を集めての研修会。

私も内定者に向けて計2時間ほどお話したかな。

夜はプロジェクトメンバーも含めての食事会。

社員と飲みにいかないと前回のブログで書いた私も、非常に楽しめました(^^)

内定者の皆さんの将来をめちゃめちゃ期待しています(^O^)/





さて、今日は面倒臭い上司。

私は究極に面倒臭いはず(笑)





昨日の内定者研修でのフィードバックをチャットワークのスレッドに報告。

内定者の名札をMAPのロゴが入ったもので用意することを検討してね、という内容。

そしたら、あるプロジェクトメンバーから「作成しました」との返答。





普通の上司なら素晴らしいで終了かもしれませんが、超面倒臭い私はその問いかけの意味をもっと考えろとキレる。




実際の文章はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




昨日企画したメンバーは、この些細なことをどう感じたのか?

周りにいた人も何も気づかなかったのか?

私は名札を作ってという指示を出したかったわけではありません。

名札を作らないという選択肢があってもいいと思います。

内定者の皆さんでもう顔と名前が一致していない人がいないなら。

名前を直筆で書くことの意味があるなら、そのままでも構わないということです。

もう仲間なんだから皆さんと同じ様式で名札を用意すれば、おもてなし感がでるかな、と。

外部の研修に出てそう感じた私の感想です。

「作業してくれてありがとう」では、ずっとプロジェクトの考えるレベルは向上しないと思いますよ。

些細なことに気づかない人は一生気づかないかもしれませんが、気づく人を採用して欲しいと思っています。







自分で読み返してみてもびっくりするほどの面倒臭さです( ̄▽ ̄)



自分が部下なら確実に逆切れしているかも…



お前のしろって言った通りにして何が悪いんじゃ



おそらく今日も出勤して頑張ってくれている、採用プロジェクトのリーダーである森井葵さんは心の中でこう叫んでいるはず(笑)

確実に原文そのままの状態で!






指示したことをそのままやることも大事。

でも、今朝指示を出したプロジェクトメンバーは、もうこのレベルを超えているはず。

自分で考えて自分で答えを出し自分で最適解を出せるレベルの人たちだと信じているから。






問題発見力、課題設定力、そして、問題克服力、課題解決力を、会社を構成するメンバーがそれぞれ身につけていけば、必ず組織は成長するはずですよね。




そうするためにも今後も面倒臭くあり続けることを誓った週末でした(^_-)

2016年8月18日木曜日

Vol.46 社員と飲みにいかない理由

今日は朝から雨がパラパラ。

そんな中でも晴れ男の私が外に出るときは傘要らず( ̄▽ ̄)







さて、本日は社員と飲みにいかない理由。





私は原則社員の方と個人的に飲みにいくことはありません。

もちろん、会社の行事や社員旅行には参加しますよ!

また、社員の方と飲みにいきたくないわけでもありませんよ。

自分からは基本誘わないという意味です。





社長に就任したばかりの頃に幹部の皆さんには宣言しました。

一部の社員の方も知っているかもしれませんが…





その最大の理由は



昼間我慢して言えなかったことを酒の力を借りて勢いにまかせて言う輩がいるから



これは今の経営者という立場で社員から言われたケースでなく、以前の会社で部下という立場で上司からくどくど言われたケースもあります。






あと立場ある人から誘うと社員は断りづらいと思うから。

嫌々連れていっても、私もつらいですし…

ちなみに私は若いころ、上司や先輩からの誘いを基本断ったことはないですよ(^O^)/







一年ほど前同い年で最も尊敬する税理士の一人である、御堂筋税理士法人の才木正之先生と食事したとき、彼がこんなことを言っていました。




本音と建前という言葉が嫌い。

人間は良い意味で建前で生きている。

すべて本音なら野獣と同じだ!


なるほど(^^)







本音を出せば、何でもいいわけじゃありませんよね。

人付き合いのなかで、どんなに仲が良くても一定の配慮が必要です。

ましてや酒の力を借りないと言えない本音なんて私は聞きたくない。

ちゃんと昼間に言えばいいと思っています。

立場が違うと言いにくいことは多々あるのは承知の上言うのも選択、言わないのも選択、自分で選択したことに責任を持つことが大事ですよね。







最後に、もう一つ誘われれば飲みにいくということo(^_-)O


でも、社長という立場だと誰も誘ってくれないですよね(淋しいわけではありません。私は元来人見知りで一人が好きなので…)。


飲みにいく機会があるなら、明るく楽しく元気よく、ただ面白いだけで翌日何も残らない話題ではなく未来に向けた意義深い話をじっくり話したいですね!

2016年8月16日火曜日

Vol.45 健康的に生きる

当社のお盆休みも今日で終わり。

今年のお盆休みは肉体的に追い込みをかけました。

今日はランニングを休んで、マッサージに行ってきます!







ダイエットを始めて気がついたこと。

それは運動して肉体を追い込んでもそれ以上に食べたら太るということ

アスリートがたくさん食べても太らないのは、一般人には想定できないような凄まじいトレーニングをしているから、だとか。

一般人が仕事の傍らでするトレーニングでは、消費するカロリーはしれています。

私が使用しているランニングアプリでは、10km近く走っても消費カロリーは800kgカロリーに満たず、ビールに焼肉ですぐにとんとん。

素人の単純計算だと一日三食だとすると二食分は蓄積されるということです。

そりゃ太るわなヽ(´o`;

適度な運動はもちろん大事、それ以上に食事が質的量的に一番大事だということです。








それに加えて…

6月のダイエット計画スタート時点から、カウンセラーの綺麗なお姉さんに勧められるがままサプリメントを購入。

糖質の吸収を抑えるもの、脂肪の燃焼を補助するもの、たんぱく質を確保するためのプロテインなどなど

ある意味薬づけ( ̄▽ ̄)








これが最後のチャンスだという覚悟で臨んでいるため、多少の出費はまったく気になりません。

カミさんにも子供たちにも喜んでくれていますし(^^)





数値的にも変化がありました。

体重が3ヵ月で13~14kg落ちたのと同時に、薬を服用していた血圧も劇的に下がりました。

以前は最高血圧が140~160mmHGだったものが、最近はなんと100mmHG前後!

かかりつけの先生もびっくり。

血圧の薬も軽めのものに変えていただきました。

いずれ飲まなくてもいい日がくると思います。








ただ、こちらのブログで報告しているように、6月から本格スタートしたダイエット計画が8月に入って超停滞期。

74~76kgをうろうろ。

超焦っているこの状況では、いろんなものに手を出してしまいます( ̄◇ ̄;)






まずは軽めのところで、こんなもの。伊藤園さんの『伊右衛門特茶』

「体脂肪を減らす」というフレーズは今の私には超刺激的!












次に、味の素さんの『アミノバイタル』

ランニング後の疲労回復に服用しています。











そして、DHCさんの『マルチビタミンミネラル』

栄養のバランスを取るためトレーナーから勧められてお盆中から服用しています。











ダイエットにもさまざまな“流派”があり、それぞれ賛否両論あるでしょうが、私自身の健康に対する意識は数ヵ月前に比べると劇的に向上したことだけは事実です。



減量の目標達成はもちろんのこと活動的に仕事を続けられる健康を手に入れるという目的を見失わず、まずは8月末まで突っ走ります!

2016年8月15日月曜日

Vol.44 人格を高める

今日は長男の幼稚園時代の友達家族と相模原の公園で遊んできました。


のどかな風景のなかでリラックス


その家族が昨年藤沢に引っ越したので普段会えないのが影響したのかチビたちは、最初エンジンかからず。

でも、一緒に水浴びしだしたら早いもんですね、すぐに馴染んでいました(^^)

こちら3人、あちら4人で、あちらのお父さんが今日から会社なので大人男子は私一人。

両方のカミさんが声を揃えて、周りにたくさん人がいるのに一夫多妻制の子だくさんと言うもんだから若干恥ずかしかったけど、楽しくリラックスできましたよ!








さて、本日2回目のアップは人格を高めるということ。

当社の創業者の高山さんは、私が言うのもなんですが、人間的に素晴らしい方でした。

私を引き上げてくれた恩人であり、一生かけて“親孝行”したいビジネス上の親父みないな方です。

業界を良く知るベテランの経営者の方から「この業界で高山さんを悪く言う人はいない」と何度となくおっしゃっていただいたのは、当社社員の誇りでもあります。






高山さんとは人間が違うんだからやり方が違って当然だ。

もちろん、高山さんが目指していた事業目的に120%コミットした上での手段の違いという意味です。





高山さんが今年の3月に引退する際に、お客様への挨拶に同行させていただいた時のこと。

そこでも「高山さんは人格的に素晴らしかった」とおっしゃっていただきました。





そっか…

決して、そのお客様は私のことを人格が低いという意味でおっしゃったわけではないと思いますが…

その時、私自身が人格というものを軽視してきたことに気づきました。






元来私はちゃらんぽらんな人間です。

厳格な父に育てられたので、まったく逆の人生を生きてきました。

オモシロおかしくやれたらいいなって。

もちろん、成果にはこだわってきたつもりですが…






そういうのもあって、人格が高い先代とは別の経営者像を描いていた部分があったのかもしれません。

なので、人格なんてどうでもいいとは思っていませんでしたが、あまり意識していませんでした。






変化がない

そう言うと、当社の幹部である山脇さんから過去に2度ほど変わらないとダメなんですかと言われ

それに返答ができなかったことも…

確かにそうやな、変えたいだけやったなって反省することもありました。






目的を一にして、手段を変えていく。

この信条はこれからも基本的には貫いていこうと思っています。

それと人が違えば特性も違いますが、違った特性の人が集まったなかで共通の人格の高さがあるのではないかと最近つくづく感じます。






上場企業の経営者その他社会的地位の高い方と少しずつお会いできる機会が増えてきました。

そこで思うこと…

この方たちは人格が高いからこのステージまで上がれたのか?

それともこのステージまで上がったから人格が高くなったのか?

今の私には答えが見つかりません。






ただ、ひとつ言えることは、いずれにしても世の中の真の成功者は人格が高いということ!







そこで、私が人格を高めるために今後すること


①口に出しても何も変わらないことは口にしない


②過去に誹謗中傷を受けた人(私の解釈も含まれているが…)を赦す努力をする


まずはやれることからやってみます!