2016年9月26日月曜日

Vol.68 旧友との友情

土日は船橋で『超★妄想会議』という、もうすぐ創立30周年を迎えようというちょいと歴史ある企業にあるまじきネーミングの合宿をしてきました。

簡単にいうと新規事業、新規サービスの開発会議です。




週が明けて本日は大阪に来ています。

珍しく飛行機で大阪入り。

飛行機が2時間遅れ、初めて一旦乗った飛行機から別の飛行機に乗り換えました。

乗り換えた飛行機も離陸する前に異常点検で、身の危険を覚えました( ̄▽ ̄)

無事大阪に到着、明日広島に移動し、木曜日に東京に戻る予定です。







さて、今日は旧友との友情について。

私は新卒で飲料メーカーに就職しました。

その時の同期が11名。

辞めた人もいれば、今も残っている人もいます。

今年で丸20年、ずっと勤め続けている同期には頭が下がります。






そんな同期の一人からこの土日にメールが…



少し先ですが○月○日の○曜日に夜時間ありませんか?

東京に出張で行くのでもし時間があればご飯でも食べませんか?






私が辞めてから16年も経つのに、このように誘ってもらえるのは本当に嬉しい。

でも、気が重い…






お互い進む道も違い、今置かれている環境もまったく違う。

私は、尊敬する方や尊重し合える仲間と夢のある話をしていきたい。

でも、その彼との最近の会話はまったくそうでない。

会社や上司への愚痴ばかり。

うちの社員が私に対して愚痴を言っているのかと錯覚をおこすほどに。

聞いているこちらが辛くなる。






この土日一緒だった、当社の安江さん、山脇さんに相談に乗ってもらいました。

正直気が重いんだけど、どうしよう、と。





そしたら二人とも



友達だからこそ正直に言ってあげれば



と言ってくれました。









そこで、先ほどこんなメールを彼に送りました。




こんばんは。

いつもありがとう。

連絡が遅くなり、申し訳ありません。

○月○日は空いています。

ただ、この連絡に躊躇し連絡が遅くなりました。

流せば済む話かもしれませんが、大切な友人なので敢えて言います。

友人であり同期であり、辞めてからも定期的に連絡を取り合える仲を続けてくれていることに非常に感謝しています。

その一方でここ最近○○から発せられる言葉は、私にとってはすべて愚痴に聞こえます。

上司に嫌われたから、周りは超一流大学出身だから、自分はもうこれ以上出世できないなど、すべて自分が選択してきた人生なのに、なんで自分が善周りは悪という話になってしまうんだろうと、うちの会社の人間ならこっぴどく叱るはずなのに旧友だから遠慮してしまっていました。

○○はそんなつもりはないというかもしれませんが、聞く方は少なからずそう感じてしまいます。

また同じような話になるのであれば、日程は空いていますが遠慮させてください。

なぜなら自分の大切な時間は大切な人と夢のある話をしたいからです。

○○は僕のとって非常に大切な人です。

一方でここ最近の○○との時間は僕にとって決して有意義とは言えません。

僕は50歳までのこれから5年で、もうひと勝負をかけるつもりです。

凡人がエリートに勝つために死ぬ気で働きます。

会う人も選別していきます。

旧友と夢を語る時間は有意義ですが、愚痴を聞く時間はありません。

生意気を言って申し訳ないけど、今の僕の正直な心境です。







開封済みですが彼からの返信はありません。

大切な友人を一人失ったかもしれません。

でも、どんな結末になろうと後悔はありません。

なぜかというと、何かを失えば新しい何かを得られるかもしれないから。





友達だからこそ正直に言ってあげれば



と言ってくれた二人は友達というより戦友。

そう言ってくれた二人とは何でも言い合える仲が築けているから。




と思っているのは私だけか…( ̄▽ ̄)

14 件のコメント:

  1. 浅野さん
    お疲れ様です。

    本日のブログ、今までで一番胸に突き刺さりました。過去のブログと優劣を付ける意味ではありませんが、読んでいて一番胸が痛みました。理由は、○○が自分の鏡だったからです。

    御社から内定を戴いて就活を7月に終えてから、小中高大学に至るまで様々な友人と会い、話をしました。がしかし、手帳を開いて友人と会った各日を思い出すと、ネガティヴな話ばかりしたり聞かされたりしていました。社会人のゼミの先輩からは上司の愚痴、大学のゼミの友達からは同期や後輩の愚痴、高校の友達からは大学の研究室に対する愚痴、小中の友達からは私自身への不満……などなど。

    どれも愚痴の言いっ放しで終わってしまっているので、「なぜその状況に至ったのか?」や「その状況をどう打開する?」といった会話までレベルを上げることで、少しでも有意義な会話をしようと思いました!!(そもそも愚痴を言わなければいい話ですが…)

    返信削除
    返信
    1. 山岸さん
      いつもありがとうございます。
      愚痴を一切言うなって話でもないですよね。
      私だって弱音を吐きたくなったりネガティブな思考に陥ったりします。
      大事なのは、言葉として発しないこととそれだけで終わらないこと。
      言葉が現実をつくるということを実感している今日この頃です。

      削除
  2. 浅野さん

    お疲れ様です。
    浅野さんは多忙を極めていて考える事も膨大な状況にも関わらず、かつての同期の方のために厳しくも愛情のあるメッセージを送られていたところに(しかも長文で)、
    浅野さんの強さと優しさを感じました。

    私はどんなに仲の良い友人でも「この人損してるなぁ」と感じているのに「波風を立てたくないから」という理由で、フィードバックせずに無視してしまっていました。
    時には愛を持って厳しくも接する事も大切だと痛感しました。

    その同期の方の今後のあり方が変わっていく事を願っています!

    返信削除
    返信
    1. コメントをいただき、ありがとうございます。
      言うのも優しさ、言わないのも優しさ、どちらが正解なのか今でも悩んでいます。
      その人その人との関係性にもよりますね。
      永遠の課題です。

      削除
  3. お疲れ様です。

    私は進学や就職のタイミングで積極的に環境を変えてきたので人間関係は新陳代謝するものだと思っています。

    旧友は、異なる環境の中で有意義な情報交換が出来る人が数人居れば十分だと思います。
    愚痴だけで何も行動に移さない過去の人とは関わることすら時間が勿体ないように感じます。

    返信削除
    返信
    1. コメントをいただき、ありがとうございます。
      願わくば友達関係については新陳代謝がなければない方がいいかな、とも思っています。
      価値ある人間関係を多くの方と築いて豊かな人生を送りたいものです。

      削除
  4. 浅野さん、おはようございます。

    私も学生時代、友達に対し嫌われたくないと思い相手の話に合わせて話すタイプの人間でした。

    また私自身も愚痴を言ってしまうタイプの人だと思います。

    しかし今は変わって来ていると思います。
    それは今の周りにいる方々が、愚痴を言わない先を見ている方ばかりだからだと思います。

    この事に気づける環境にいれる事に感謝して、今までの縁のある方や、これから出会う方にも影響を与えれる存在になります。

    返信削除
    返信
    1. 中井さん
      いつもありがとうございます。
      環境は大事ですよね。
      いつも言うように中井さん自身がプラスのオーラを発しているから周りに良い人が集まるんですよ。
      まだまだできます。
      頑張ってください。

      削除
  5. 友達への本気の助言、とても勇気のいることですよね。相手の方は今はまだショックを受けているところかもしれませんが、きっとこの先「はっきり言ってもらってよかった!」と浅野さんに感謝する瞬間があるはずです。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      こちらは信念を持って伝えたつもりですが、相手がどのように捉えるかはわかりません。
      わかってもらいたいのですが、相手の心はコントロールできません。
      祈って待ちます。

      削除
  6. 先日、Vol.61「自己開示」の記事にコメントさせていただいた者です。
    以前の私に対しても刺さる記事でしたし、同時に、浅野さんが感じておられることは私自身も感じたことだと思いました。

    就活をしていた同時、選考なかなか上手くいかずに不貞腐れ、ひたすら改善と実行を繰り返すよりも愚痴を言っていた時期がありました。更に言えばそれまでの学生生活でも、上手くいかないことがあると愚痴を吐いていたように思いますから、面接官にも後ろ向きな奴に映ったことでしょう(苦笑)

    しかし途中からは「○○を実現したいからこう努力しよう」と考えて就活をするようになりました。
    その姿勢はアルバイト等でも活かされましたし、更に言えば今の仕事にも役立っていると感じます。
    そして就活中、友人の後ろ向きな愚痴に付き合わされたことが度々あったのですが、浅野さんと同様、不毛で苦痛な時間に感じたことをよく覚えています。

    「愚痴を吐く側」と「吐かれる側」の双方を経験して感じたのは、確かに愚痴を吐くことで当人はその場では間違いなくすっきりするでしょう。しかし、愚痴を吐き続けることで問題を先送りするに過ぎず、何よりも「周りに対して負のオーラを撒き散らし、生気を奪っている」ことが問題だと感じます。
    私も心が弱く、友人に対して注意出来なかったことは若干心残りです。
    浅野さんの勇気と決断には恐れ入りました。

    返信削除
    返信
    1. Tさん
      前回に続き、ありがとうございます。
      心持ちの変化によって行動・言動に変化が生じ、もたらされる結果にも変化が生じたことは、非常に素晴らしいことだと感じました。
      ご自身を振り返る強さをもっていらっしゃいますね。
      私の「勇気と決断」が、相手に対し良い結果をもたらすか否かは疑問ですが、少しでも真意が伝わっていることを願ってやみません。
      今後ともコメントをいただけると幸いです。

      削除
  7. 同期からのメッセージは私はありがたい事のように感じます。
    私は同期が今までいない状況で仕事をしてきました。MAP経営に入社し、新入社員の皆さんの同期の関わりを見て、互いに成長している姿はいつも羨ましく思っていました。
    浅野さんのように助言してくれる同期は大切な存在であると思いますし、助言を頂いた方もそのように感じているのではないでしょうか。
    同期も旧友も共に成長していけるといいですね。

    返信削除
    返信
    1. コメントをいただき、ありがとうございます。
      新卒同期は特別な存在です。
      同期や仲間を大事にして「共に成長」できるといいですね。
      私の思いが伝われば嬉しいです。

      削除