2016年10月23日日曜日

Vol.70 何をやるかより誰とやるか!

今日は長男と一緒に東京体育館で開催されていた、新極真会の「全日本空手道選手権大会」を観戦してきました。








久しぶりにフルコンタクトの空手を見ましたが、スピードもあってスゴイ迫力でした。

うちの長男は2年前から空手を習っています。

普段はおっとりしていますが、超一流同士の対戦を間近で見て少々興奮気味でした(^^)

子供達には何でもいいので好きなことに打ち込んで欲しいものです!








さて今日は、何をやるかより誰とやるか!

先週はフェイスブックでの告知のとおり、ベトナムのハノイまで視察旅行に行ってきました。

3泊4日の旅。

昨年の3月にはホーチミン、ダナンに行きましたが、首都ハノイは初めて。

昨年建築されたノイバイ国際空港を降り立った直後は、昨年と随分ちがう印象。

道路も整備され、オートバイの大群が見当たらない。

同じベトナムでも土地によってそれぞれか、と思いきや…





やっぱり、バイクの大群が現れました。

それにしても、交通ルールなんてあったもんじゃないし、信号も最小限なのに、事故がない。

鳴りっぱなしのクラクションに少々困惑しつつ…

日本だと不快感情を表現するためのクラクションだけど、ベトナムでは「危ないから気をつけてね~」と相手を思いやるクラクションに聞こえて、4日間で慣れたどころか、日本に戻ってきて淋しさすら感じます( ̄▽ ̄)





今回は昔勤めていた会社の同僚に声をかけていただいたのがきっかけ。

何から何までアレンジ、アテンドしてもらい、実習生の日本への送り出し事業を営む会社、日本語研修センター、ローカル会計事務所、ローカル製造業など7箇所をまわってきました。

現地の情勢、国民の意識、文化、ビジネスに対する考え方など、異国に行かないと気づけないことがたくさんありました。

折角お金と時間を使って行くのだから、と私は完全に商売モード!

ちょっと気負っていたかもしれません。






3日目の朝、元同僚の彼と早朝ランニングした際に彼にこう言われてハッとしました。

ベトナムはどう?

事業は儲けなければいけないけど、この国にまた来たいと思った?

事業で得をしそうってだけでは、長続きしない。

この国の人とこの国の食事を食べながら、また話がしたいか、の方が大事なんだよね。





そうだよね。

私は忘れていました。

約3年前に事業を引き継ぎ、新しいことに取り組まねば。

この人のことは、あんまり好きになれないけど、この事業コンテンツが欲しいから手を組もう。

私の損得勘定が先に立ち、そのアライアンスはうまくいきませんでした。






その時、感じたこと…

何をやるかももちろん大事だけど、誰とやるかがもっと大事!

日本国内では、その判断基準で事業を進めてきたつもりですが、この度の海外では普段と環境が違う中で、すっかり忘れていたようです。





2020年の東京オリンピックの招致プレゼンで「おもてなし」という言葉が流行しましたが、この4日間アテンドしていただいた、元同僚の会社の現地スタッフの皆様から最高のおもてなしをしていただきました。

また来たい、また話したい、と心底思える人たちと仕事ができていることが幸せです。

13年前の出会いからお互い別の道を歩いていても、いつも気にかけて声をかけてくれる、元同僚に感謝です!




やっぱり事業は何をやるかより誰とやるか!ですねo(^_-)O







6 件のコメント:

  1. 浅野さん
    こんばんは!
    ベトナム視察お疲れ様です。

    ブログの内容とは直接関係ありませんが、今日思ったのは一つ。浅野さんは「白黒がはっきりしている方」だということ。

    【心配だけならされない方がマシ】、【メールやSNSよりアナログ対話】、【目標設定は「率」よりも「額(結果)」】、【細かいこと(挨拶や遅刻の注意など)はリーダーに一任する】、【飲料メーカーの元同期への正直なメール】………etc.
    過去のブログを振り返ってみても、そして今日のブログ【何をやるかより誰とやるか】も然りです。浅野さんはいつも物事を天秤にかけどちらを優先すべきかを考えており、1か0か、優か劣かの判断をなさっているように感じます。

    経営者には必須の素養なのかもしれませんが、「折衷案」、「妥協案」、「グレーな着地点」を模索しがちな私からすると、とても勉強になる考え方だと思いました。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      未来を語るとき、その時点での正解はわかりません。
      常に「51:49」のせめぎあいです。
      結果として極端な物言いになるのは、一旦決めたらやり切ることを信条にしているためです。
      その目的をしっかり受け止め、形にしたり、うまく調整していただけるのが幹部であり、社員の皆さんです。
      皆さんに感謝しています。

      削除
  2. 浅野さん、おはようございます。

    ベトナム視察お疲れ様です。
    バイクの文化の違いはお聞きした事がありますが、お聞きする度に文化の違いと言うものを感じます。

    何をやるかより誰とやるか、とお聞きして確かにその通りだと思いました。

    私自身MAP経営に入りたいと思ったのは、経営理念に共感したからと言う事もありますが、この方々と一緒に働きたいと言う思いがあったからだと思います。

    これからは私自身がこの人と一緒にやりたいと思っていただける様に、なれるようにしていきたいと思います。





    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      入社当時の気持ちを忘れず、切磋琢磨できる仲間をたくさん作っていきましょうね。

      削除
  3. 今回の視察でのおもてなしは素晴らしかったですね。訪問先の決定も、お会いする人全て、アテンドして下さった人の心を感じました。浅野さんがおっしゃっている「誰と」の重要性がよくわかりました。
    私、個人的にはベトナム女性の働き方にも興味共感致しました!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      同行していただき、ありがとうございました。
      ベトナムのスタッフの女性たちも素敵でしたね。
      働く女性の見本となってくれるよう期待しています。

      削除