2016年8月31日水曜日

Vol.62 ランニング

今月31回目のブログアップです。

8月はじめにブログ更新に関する目標設定をしました。

今日まで3日間一緒に熊本をまわってくれた、福岡支社長の田中さんから刺激を受けて、8月は毎日ブログをアップすると!

既報の通り、目標を立てた途端、8月1日に会食で飲みすぎてしまい、初日にこけてしまいました(T . T)

翌日2日のブログでは31回分アップすると宣言。

宣言したからには、やり切ることが信条ゆえ最終日で目標達成です(^O^)/





今朝のブログで報告したように8月末で3ヵ月で18kg減の70kg切りという目標も達成しダブル達成!





それからもう一つ、秘かに最後に追い込んだのがこれ。







8月のランニングの距離が100kmを超えました!

少しだけウォーキングも入っていますが、おそらくこんなに走った月はなかったはず。




今月初旬の幹部合宿で、当社取締役の安江さんと恒例の早朝ランニング。

その時安江さんが「今月は100km走る」と言うもんだから、その100kmという数字が頭から離れず…

安江さんはフルマラソンでサブ4切りを狙ったトレーニング。

私としてはダイエットのために有酸素運動をしているのであって「月100kmは無縁だ」と思っていました。

ただ、8月に入ってダイエットでもがいているなか、ランニングアプリの統計を見ると結構な距離を走っている。

熊本に入ってからも最後の追い込みのためランニングを続け、気づいたらあと6km弱で100kmに到達するではないか!

昨晩祝杯をあげ若干の二日酔いのなかで今朝も走ってきました。

ということで、自分の中ではトリプル達成!




私はどちらかというとランニングが嫌いでした。

以前参加していた勉強会で知り合った友人たちに誘われ、皇居ランを始めたのがきっかけ。

走ることよりその後の食事会が楽しみで参加しているようなもの。




ただ、ここ最近はちょっと変わってきました。

ダイエットのための義務感から少しずつ走らないと気持ち悪い状態に…

出張先にもランニングシューズを持っていくことが多くなりました。

もうすぐ夏が終わり、ランニングのシーズンに入ります。

2017年の東京マラソンでは5時間切りを目指し、年内にハーフマラソンを2回走ろうと企んでいますo(^_-)O

(注)まだ東京マラソンの抽選結果は出ていません( ̄▽ ̄)





だんだんランニングが義務から趣味の域に変わってきたようです(^^)

体重キープ、健康維持のため9月も引き続き走ります!

Vol.61 自己開示

熊本のお客様訪問が終了しました。

この訪問でお話させていただいたなかでは、物的被害はあったものの人的被害はなかったようでした。

皆さん一応に「起きてしまったことは仕方がない。これからできることをやっていかねば…」と前向きな言葉をいただき、こちらが勇気づけられました。

熊本の皆さん、ありがとうございました。






さて、本日は自己開示。

以前の私は自己開示が非常に苦手でした。

というより大嫌いでした。




数年前から税理士・会計士や経営者の方に向けて講演させていただく機会が増えるなか、私にような経歴の者が社会的ステータスが高い方たちに為になる話をできるだろうか?

話の内容よりむしろのような経歴の人間が話していいのか?というコンプレックスが先立っていました。




こちらのブログでもお伝えしている通り私の経歴はこんな感じ。



①地元の進学校に入学するも470人中465番

②周りが有名一流大学にいくなかで2浪して三流大学に進学

③面接を受けた18社すべてから内定がもらえず親のコネで就職

④30歳になるまでIT機器とは無縁の肉体労働

⑤こらえ性もなく他人のせいにして4度の転職

⑥バツ1自分に非があり前妻へ多額の慰謝料の支払い



自分で書いていてこの人大丈夫かと思ってしまいます(笑)




自己開示が大嫌いだった私の心の扉を開いたきっかけは3年前の出版でした。

読んでいただいた方はお分かりだと思いますが、私がこの世で初めて発見した原理など一つもありません。

こういうと価値のないように感じますが、著書というのは本質的な原理原則にその人の生き様を加えることで意義深くなるものです(出版評論家みたいなこと言って申し訳ありません)。

本を読まれる皆さんも「そんなこと当たり前だよな」と思って読むコンテンツもあるかと思います。

ただ、あんなスゴイ人が書く(言う)から「えぇ話やな~」ということになると思うんです。




私は商業出版をする際に、企画書の書き方や出版社の紹介をしてくれるスクールに通いました。

その主催者の方にお前にはもっと何かあるはずだと問いただされるがまま、自己開示をしていったのを覚えています。

今ではその方との交流が少なくなりましたが、自分がブレイクスルーするきっかけをつくってくれたことを感謝しています。




いったん自己開示してしまうと、理由はよくわからないのですが、今まで何で言いたくなかったのかさえよく分からない状態になります。

以前もダメ人間、今もダメ人間の話は誰も聞いてくれません。

しかし、以前はダメ人間でも、今では人からも評価していただくようになり社会的意義のある仕事をさせてもらっている。

だから、自己開示してからは私からお伝えできる話は必ずあるはずという根拠のない自信が芽生えてきました。

最近では、自分の経歴を話すところからセミナーをスタートします。





それから、セミナーにご参加される方すべてに何かを持って帰ってもらいたいという気持ちはもちろんありますが、良い意味ですべての人に好かれようとしないということも決めています。

どんなにあがいても過去は変えられませんし、セミナーなどでお伝えできることは自分以上でも自分以下でもなく今自分の中にあるものだけですから。





私は自己開示をすることで、本当の意味での自信が持てるようになりました。

今では過去のダメだった自分も武器になっています!

Vol.60 コンプリート

熊本のお客様訪問3日目。

今日は一日晴れ予報。

今日が最終日なのでやり残しがないよう頑張ります(^^)






さて、今日はコンプリート。

何が?

この3ヵ月間取り組んできたあれ(^_-)

5月14日に88kgあった体重を8月31日までに70kgまで落とすというダイエット目標。

昨日一日前にコンプリートしました(^O^)/







69.5kgで目標値をクリア!





昨日夕方から熊本市内から天草への移動。

出張中で今どういう状況かわからないなか、“現在地”を知るため体重計に乗れる方法を探っていたところ、同行してもらっている福岡支社長の田中さんから


お風呂には体重計ありますよね


という提案。

そうだよね、ということで、ホテルの方に聞いてスーパー銭湯に行ってきました。





行くなり服を全部脱ぎ捨て、体重計に一直線。

結果は70.5kg。

日曜日朝に測った72.2kgから落ちてる。

この3日間食事の量を減らし、毎日3リットル以上飲んでた水も500mlのペットボトル1本だけにしました。

日曜日、月曜日の夜には9kmのランニングで、身体の水分量が減少しているなか汗をかきました。

ランニング後水分もとらず熱いお風呂に入ってダメ押しの汗をかきましたので、何度か立ちくらみがある状態でした。

皆さんはマネしないでくださいね。






ダイエットを通じてつくづく思うことは

すべての事柄に因果関係がある

ということ。

食べるから太る

食べなければ太らない


たったそれだけのシンプルなことなんですね。

こんなシンプルな当たり前のことを44歳になって初めて知りました。







達成後は田中さんと祝杯!

スーパー銭湯につき合ってくれて、携帯をもつと数百グラム増えてしまうもんだから、真っ裸で体重計に乗っている私を前に写真を撮ってくれました( ̄▽ ̄)

本当に感謝しています(^^)







糖質が多く、この3ヵ月控えていたビールで乾杯!






キレのあるアサヒスーパードライは最高の味でした。








5分で飲み干してしまいました。

ただし、ビールは一杯だけ。

2杯目からはいつものハイボール。









ダイエットにはアルコール自体が良くないんですが、

今日ばかりは…

ということでついつい飲みすぎてしまい、昨日ブログをアップできませんでした。

今月19日にお酒を飲んで以来一滴も飲んでいませんでしたので、若干の二日酔いです( ̄◇ ̄;)





充実した3ヵ月で達成感もありますが、これからが本番。




見た目もイケてる経営者になる!

活動的に仕事を続けるための健康を手に入れる!




というダイエットの目的を果たすべく今日から再度健康維持に努めます。

応援していただいた皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

2016年8月30日火曜日

Vol.59 「Do」の重要性

熊本のお客様訪問2日目。

予報では午前中雨が降るようですが、きっと今日も傘をさすことはないでしょう( ̄▽ ̄)

今日も私ができることを精一杯やってきます。





さて、今日は「Do」の重要性について。

当社の事業の本質は、経営計画を日本全国に普及させることにより、中小企業にPlan-Do-Seeを定着させ、その結果、業績向上や経営体質強化につなげること。

つまり、経営計画という手段で、中小企業にPlan-Do-Seeを定着させることを目的としています。






そんな中で、多くの中小企業を見てきて思うことは「Do」の部分の不足。

つまり、実践、実行しないことです。

もちろん、経営計画なんて「絵に描いた餅」と言って、Plan(仮説)すら立てない経営者の方もいらっしゃいます。

でも、それ以上に問題なのは

「やれ」と言われたことすらやらなければ、自分で「やる」と言ったことすらやらないこと







私が経営者向けのセミナーでお話しするときに「PlanとDoとSeeのどれが一番重要ですか?」と質問します。

手を挙げてもらった結果はだいたい「Plan:Do:See=4:1:5」というところでしょうか。




そこで私はこのように答えます。




もちろん全部重要です。

本や学者さんの見解も様々ありますが、私は「Do」が最も重要と考えます。

なぜなら、100%実践(Do)しなければ、その仮説(Plan)が正しかったかどうかの検証(See)ができないから。

コンビニの王様と言えば、セブンイレブン。

セブンイレブンがローソン、ファミリーマートと一日の一店舗当たりの売上高が2割も違うのはなぜか?

もちろん、商品力も違うでしょうが、売られているものは飲料、弁当、雑誌など大差はないはず。

私が言うには「Do」の差。

私の知り合いで過去にセブンイレブンの本部にいたことがある方が言ったことが忘れられません。

よその会社(転職されたセブンイレブン以外の会社)ではやれって言われたことすらやらないのにびっくりした

衝撃でした。

セブンイレブンでは、やれと言われたことは100%やり切るそうです。

決めたことをやらないことは考えられないばかりか、そのような風土だそうです。

初めて立てる経営計画では、うまく仮説が構築できないかもしれない。

でも、その仮説を100%やり切り、何がうまくいき、うまくいかなかったものは何が原因かを検証すれば、次の仮説は最初より精度が高いものになる。

初めから精度の高い仮説を構築することに多くの時間を割くよりも、「Do」を100%やり切りながらPlan-Do-Seeのサイクルをいかに速くよりたくさんまわすことに注力しましょう!





ご指名いただいたセミナーなどでもう100回以上はこの話をしたと思います。




もちろん、考えることは大事。

一方で、考えているだけでは何も変わりません。

自分への戒めも込めて今一度「Do」の重要性を思い返してみました!

Vol.58 明るく元気で素直

今日は熊本のお客様を訪問してきました。

目的は遅ればせながらのお見舞い。

皆さん「落ち着いた」「多少の揺れには慣れた」とおっしゃっていただいたものの、震災当日のあの下から突き上げる揺れについては「生きた心地がしなかった」とのこと。

また、熊本の方のシンボルである熊本城の被害については精神的なショックが大きいとおっしゃっていました。

私はお見舞いに伺いお話を聴くことしかできませんが、明後日まで熊本のお客様を訪問します。






さて、今日は明るく元気で素直について。





私が社長に就任してからの意思決定のひとつに新卒採用を毎年するというものがあります。

今年4月入社が6名、来年入社も4名が確定しています。

当社が採用したい「人財」をペルソナに落として、評価基準を明確にして、採用に関してもPlan-Do-Seeをまわしています。

当社の採用プロジェクト『MIRAI ACE PROJECT 2017』が試行錯誤しながらやってくれていることに感謝しています!





いろいろ研究してくれているプロジェクトメンバーがどう思うかわかりませんが、私が担当する最終面接の採用基準は…





明るく元気で素直な学生さんであれば誰でもいい





内定者の皆さんに誤解されるかな。

私にとっては、超高レベルな要求です。

そんな学生さんは100人に1人、いや1000人に1人ですよ。





その場だけ明るくしてカラ元気で素直を取り繕う学生さんはたくさんいますよ。




でも、常にポジティブなオーラを出し(明るく)人に良い影響を与え(元気で)自己実現に対して不断の努力をする(素直)人なんてなかなかいませんよ。


そんな学生さんに内定を出し、これからもそんな学生さんを求めています(^^)





まだ内定をいただいていない方、内定をもらっていても就活に満足していない方、まだまだ会社説明会をやっています!


是非お越しくださいo(^_-)O

2016年8月29日月曜日

Vol.57 幹部の条件

今日は熊本。

今は晴れてるけど、雨の予報。

どこまで晴れ男伝説が継続するのか( ̄▽ ̄)






さて、本日は幹部の条件。

8月20日のVol.47 面倒臭い上司でも私の面倒臭さぶりを披露しましたが、うちの経営幹部の皆さんにも普段から非常に面倒をかけているので、感謝しています。

昨日は早めのフライトで熊本入りしたので、カフェで読書。

読書しながらもいろんなことを考えていると、当社の経営幹部の皆さんはどんな考え方を持っているのかな、とふと頭をよぎる。

すかさずチャットワークの経営幹部スレッドで「お休みの日に申し訳ありません」と問いかけを始めます(そう言いながらも「休みの日に鬱陶しい」と思う方はうちの幹部にはいないと信じています)。




今取り組んでいることは長期的・客観的・本質的に見てビジョン実現に直結しているか?というもの。




現在の幹部会議では全社的な問題を様々な視点で、その問題個々に真剣に議論しています。

ただ、それが全体感のなかで優先順位が高いものかどうかが、冷静に考えると疑問に思うものもあります。



20%の優先事項で80%の成果を上げるというパレートの法則に沿ったタイムマネジメントができているのか…



こんな感じで私に考える時間を与えてしまうと面倒な問いかけが増えてしまうわけです(^_-)








まだうちは50名弱の組織です。

社長である私が決めて「こうしてほしい」で済む規模感です。

ただ、将来社員数を増やしていこうと思っていますので、私一人では限界があります。

私の実体験からすると、社長一人で組織を有効的にマネジメントできる人数は30人まで。

「5や10の壁」と言われるように50人、100人を超えてくる段階になると、社長の右腕、左腕と言われる存在が必ず必要となってくると、私は考えています。

今から理念やビジョンを前提とした判断基準を合わせておく必要があります。

だからこそ、幹部の皆さんにわざわざ面倒な問いかけをしています。






当社の経営幹部には以下のことを求めています。もちろん、幹部参加の会議で合意もとった内容です。

①「浅野さんだったら」ではなく、自分が社長だったらどのような意思決定をするかを念頭に物事を考えること

②「浅野さんがこう言っているから」ではなく、私が下した最終意思決定に対して自分の言葉でメンバーに伝えること





私ひとりの力量には限界があります。

幹部をはじめ既存の社員、そして、これから入ってくれる未来の社員の皆さんの力を借りてビジョン実現をしていくためには、役職が上位の方々(もちろん私も!)がワンランク上に上がらないといけないですからねo(^_-)O

私も常に未来志向・目標志向で自分自身に問いかけていきます!

2016年8月28日日曜日

Vol.56 私の強み

熊本駅前のホテルに夕方にチェックインし、脂肪燃焼のためのランニングに行こうと外に出たら土砂降りの雨。

でも、走り出す寸前で回避。

晴れ男、傘をささない伝説は続いています( ̄▽ ̄)






ということで、買ったきりになっていた本を読んでいます。

少し前に“伝説のホスト”井上敬一さんに勧めていただいたのがこれ。







『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』





こちらの冒頭でこんなことが書かれています。


1.人はだれでもほとんどすべてのことにおいて、能力を発揮することができる

2.だれにとっても最も成長の余地があるのは、その人の一番弱い部分である

というのは大きな間違いで

1.人の才能は一人ひとり独自のものであり、永続的なものである

2.成長の可能性を最も多く秘めているものは、一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である

というのが正しい。





言っていることは共感できる。

ただ、普段このように人を見ているかというと反省しきり。





それはそうなんだけど、まずは自分の強みを専用サイトで無料診断(新品の本にアクセスコードがついている)をしてみました。


私の5つの強み・資質は次のとおり。


①目標志向
…「私はどこに向かっているか?」を常に自問して、毎日この質問を繰り返す。明確な行先を常に必要としている。目標によって今の行動をふるいにかけている。



②未来志向
…「もし~だったら、どんなにすばらしいだろうなぁ」と水平線の向こうを目を細めて見つめることを愛する。未来のビジョンがエネルギーになる。



③達成欲
…何かを成し遂げたいという恒常的な欲求をしていている。毎日がゼロからのスタートで、一日単位で具体的なことを成し遂げないと気が済まない。



④競争性
…競争性の本源は比較することにある。直観的に他人の成果を気にしていて、自分の目標達成よりも競争相手に勝つことを優先する。



⑤自我
…他人の目にとても重要な人間として映りたい。持ち前の強みによって人に知られ、評価されたい。




本に書かれていることを要約していて、恥ずかしくなる内容(笑)

でも、当たっているのかな…



①②③は、まさに当社の事業に直結するもの、また、経営者にとっても必要なこと。

転職を繰り返し、やっと辿り着いた会社とポジションだけど、なるべくしてなっているのかな、と思ってしまいます。




④は、まさに私の人生を物語っています。強みなのか性分なのかよくわからないけど、うまく付き合っていくしかないですね。




⑤は、ちょっと恥ずかしいけど、そうなんです。有名になりたい、世の中にインパクトを与えたい欲求が強いのは確かです。



こちらの診断は、あくまで強みや資質を表すものという立てつけだけど、私の欲求なのか、願望なのかとも通じる部分はありますね。

当たっている感じがします。





こちらの本は3章まで進んだら診断して、その後その解説や活かし方を解説する流れになっています。

これから、この私の強みを仕事でどのように活かしていくかを読み進める中で検討していきます!

Vol.55 絶対に負けられない戦い

今日から水曜日まで熊本に行ってきます。

本当に遅ればせながらで恐縮ですが、震災後はじめて熊本のお客様へのお見舞いを兼ねた表敬の訪問です。

震災でご苦労されている皆様のお気持ちは察することはでいても体感はできない。

何ができるわけでもありませんが、今できることを少しでもお伝えできれば、という気持ちでこれから行ってきます。





さて、本日は絶対に負けられない戦い

オリンピック終了後で命を削って戦うアスリートと同じような表現で大変恐縮ではありますが、あと4日間でやり遂げないといけないことが私にはあります。

それはもちろんダイエット( ̄▽ ̄)





今朝で3ヵ月間通い続けたライザップが終了。

2度ほど出張などで週2回のペースが崩れたものの、まずは既定の1回50分24回のパーソナルトレーナー付きの筋トレをやり切りました。

この3ヵ月は糖質制限の食事を続け、時間がある際にはランニングやウォーキングの有酸素運動を取り入れてきました。




ライザップのカウンセリング時(5月14日)と今日(8月28日)の比較は以下の通りです。


体重:88.0kg⇒72.2kg(▲15.8kg)

体脂肪率:22.6%⇒17.6%(▲5%)

ウエスト:98cm⇒81cm(▲17cm)


15kg分のお肉はどこにいったんでしょうね(笑)






よく頑張った!と言えばよく頑張ったんでしょうが、まだ終わっていません。





当初立てた目標があります。

8月31日までに体重70kg・体脂肪率15%(体脂肪率はアチーバブルでなかったため下方修正)にする!

体脂肪率は一朝一夕でいかないのと、目標設定時の体脂肪率に関する認識が非常に甘かったため、今後のトレーニングで15%を目指すとしても、体重は今日入れて残りの4日間で必ず落とします!

食事制限はもちろんのことこの4日間は水分の補給も制限して極限まで追い込みます!




8月31日に一瞬でもいいから60kg台の体重計の写真をこちらで紹することを誓い、旅立ってきますo(^_-)O

2016年8月27日土曜日

Vol.54 人生理念

今日までアチーブメントさんの研修にアシスタントとして参加してきました。

このような初の場にする際にいつも心配なのは、私のとある性分。

それは極度の人見知り( ̄▽ ̄)

「そんな風には見えない」と言われますが、本当にそうなんです。

でも、今回は私以外のアシスタントの7名の方が、私の解釈では人見知りとは無縁の個性的で底抜けに明るい方々ばかり(^^)

お陰様で面白おかしく、かつ、真剣にアシスタントの仕事を全うできました。








アチーブメントさんに通うきっかけは、昨年4月にアチーブメント青木社長に当社主催のイベントに参加いただいたのがきっかけ。

昨年7月に初めて受講し、当社の管理職も順次受講させていただきました。

そこで学んだことのひとつに人生理念というものがあります。

企業における経営理念に該当ずるものです。

普段経営者向けのセミナーでは「理念なき数値計画はそれこそ絵に描いた餅」と言っていますが、個人に当てはめて考えたことがなかったので新鮮でした。







私の人生理念はこんな感じ。



【信頼・謙虚・向上心】

①信頼…縁あるすべての人に感謝して、人から頼られる存在になる


②謙虚…頭を垂れるのはもちろん、自分の力の無さを素直に認め、今を必死に生きる


③向上心…常に高みを目指し、挑戦し続ける



文章で表現するのは簡単ですが、これを日々の生き方の中で体現しないといけません。

一方で、人は易きに流れるもの。

今日を境にこの人生理念を今一度確認して、日常のあり方を見直していきます!



Vol.53 パーキングエリア

今朝(と言っても日が変わってしまいましたが…)お寺の前を通った時、玄関の掃除をしていたご夫人から素敵な笑顔で「おはようございます」と挨拶をいただきました。

いつもと違う道ですし、もちろん会うのも初めて。

道行く人みんなに挨拶をされているんだなぁ、と!

朝から気分が良くなり、今日も良い一日になりました。





さて、今日はパーキングエリア。

一般的なものではありません。

当社の会議室にパーキングエリアをつくりました?!

こんな感じで↓↓↓↓↓↓↓↓↓




なんじゃこれ?って感じがしますが、大真面目に使っています。

壁に貼るものは全てシステムソリューションの責任者の大石さんに制作してもらいます(^^)




当社は会議にもルールを設定していて、会議開始時に合意をとってから始めます。

会議のルール(グラウンドルール)はこのようなものです。


①ポジションパワーを使わない


②時間を厳守する


③いかにすれば可能かを語る


④携帯の電源を切る


⑤積極的に「聴く」「話す」「書く」「行動する」


⑥別の課題がでたらPA(パーキングエリア)へ


⑦事実・データに基づいて論じる


⑧発言は率直、かつ、不要な前置きはなし


⑨その時点で最高の結論を出す


⑩誰が何を言ったかは口外しない




当たり前のことも項目の中にありますが、しっかり文書化していることが重要です。

その中の⑥に上記の写真のものを使うのです。





使い方はこんな感じ。

会議をしていると、主題から逸れた会話で盛り上がってしまう場合があり、主題の結論がない場合があります。

一方で主題から逸れた会話の中で別の課題が浮かび上がることがあります。

そのような時に手の平大のポストイットにその課題を書き、パーキングエリア(写真)に貼っていきます。

そして、会議の最後に貼られたポストイットについて、緊急性や重要性を検討し、優先順位をつけていく、というものです。




当社は、当社自身が試してうまくいったものを商品化していくことにしています。

現在、このパーキングエリアは当社で販売はしていませんが、試行錯誤の中で成果が出たものを随時商品化していこうと思っています!

2016年8月24日水曜日

Vol.52 与えたものが得たもの

昨日はアチーブメントさんでのプレゼンの研修会に参加してきました。

6月から毎月1回のペースで全6回コースのものです。

毎月違うプレゼンテーマが設定され、グループに分かれて発表し、フィードバックをいただくというもの。

会社では立場的に率直なフィードバックをいただくことが少ないのですが、こちらでは立場は関係なくフィードバックいただけます。

厳しいフィードバックは不慣れ?!な分若干凹みますが、親身になって指導いただけるプロスピーカーの方や受講生仲間に感謝しています(^^)







昨日の研修会のテーマは人生で最も感動した体験~そこから何を学び、今どう生かしているか~





人生で最も感動した体験って、これまた難しいよな~っていうのがお題をいただいた時の感想。


ギリギリまで何を主題にするかを悩みました。




またまたちょっと恥ずかしいけどカミさんと一緒になれたことも感動したし、3人の子供が生まれた時はそれぞれで感動したし…







悩みに悩んだ末にこちらを選びました。


入社後わずか42人抜きで取締役に抜擢されたこと


私が当社に入社したのは10年前。

創業から30年近く経つし、年齢層も上の方も多いので、よく言われたのがこんなこと。


社長のご親類の方ですか?

役員待遇で迎えられた方ですか?


いずれも違います。




私の経歴を簡単に紹介しますとこんな感じです。

1972年 愛知県一宮市生まれ
1996年 某飲料メーカーに親のコネで入社
2000年 肉体労働に耐え切れず1回目の転職
2002年 事務職未経験で会計事務所に入所
2003年 作業ばかりに嫌気がさし2回目の転職
2005年 人間関係がうまくいかず3回目の転職
2006年 薄給で生活もままならず4回目の転職
2006年 紹介会社経由で平社員として当社入社
2007年 社員番号にして42人抜きで取締役就任
2010年 猛勉強のすえ税理士試験合格
2011年 専務取締役就任
2013年 処女作最強出世マニュアル出版
2014年 親族外承継により代表取締役社長就任

転職4回、プライベートではバツ1、いわゆる「汚い履歴書」です。


転職を繰り返していた頃の私はこんな感じでした。

①会社の成長と自分の成長は別物

②すべてが損得・勝ち負け

③評価されないのは会社のせい


ひどい状況ですね。

私ならこんな人は採用しない(笑)





でも、ひとつ前の会社の代表から教えていただいたある言葉で、私は自分を変えようと思ったんです。

その言葉とは…




与えたものが得たもの




何かを得よう得ようと思っても何も得られない、社会では自分が与えたものそのものが得たものである、という意味です。







今までの自分が恥ずかしくなりました。

何も与えていないのに、いかに得よう得ようとしていたかと…






その後当社に入ってからは…


①会社の成長を自分の成長と捉える


②持っているものをすべて出し切る


③プライベートという概念を捨てる


ここで変われなければ一生ダメ人間で終わると思い、必死で働きました。



65日年中無休



まさに人生の中で質量ともに最も頑張った1年を過ごしました。

そのような姿勢を見てくれている人は見てくれているんですね。





人生で最も感動した体験、それは取締役に抜擢していただいた結果ではありません。



会社の成長を自分の成長と捉え、自身の能力を出し惜しみすることなく、プライベートな時間をすべて仕事に投入したプロセスそのものを認められたこと



そして、それまで何も成すことができなかった自分がこんなにまで頑張ることができる人間だと知れたこと




まさに与えたものが得たものを実践してきた成果でした。




今回の研修会で改めて大事なものを思い出すことができました。
これからもこの言葉を体現しつづけていきます!

2016年8月23日火曜日

Vol.51 一生休んでろ

今日は学生さん向けの会社説明会で大阪へ。




新卒1年目大阪配属の喜谷さんとのコンビ。

会社概要や事業内容の説明も以前より数段うまくなっているし、彼女の特性である学生との距離感の縮め方は絶妙でした(^_−)




支社の方とは会っても月に1~2回なので、その変化が分かりやすい。

新卒だと余計にそう思います。

知らぬ間に成長している姿を見てホッとしました(*^^*)








うちの会社説明会は第1部で若手社員が話した後、第2部で私が登壇します。

私のパートではこんなことを話しています。



①私のプロフィール


②能力より先に経営理念・事業内容への共感を求める理由


③当社の事業の本質


④入社して欲しい学生に求める能力



その時々の学生さんの興味に応じてアレンジもしますよ。







その後、私と若手社員、そして、学生さんたちとで座談会を行うのですが、本日事件がありました( ̄O ̄;)




学生さんから開口一番このような発言が…



休みは~?






最近怒りの感情を表に出さないトレーニングをしているにもかかわらず、今日は多少出てしまったようです。




彼の言い分はこう。



休みはきっちり取れてオンとオフがはっきりしている方がいい

福利厚生も充実していた方がいい






これに対して私は



大企業は受けていないんですか?(この時はまだ冷静です(笑))






この問いには



大企業は社長との距離が遠いので…





心の中では



なんなんじゃこいつは(怒)



と叫んでいましたが、そこは「本音と建前」で野獣にならず冷静さを装いながら…(喜谷さんからのフィードバックでは確実にイライラしているように見えてたそうです(反省))



会社は働く場

先に休みのことが気になるのであれば一生休みを取ってはどうですか?

十分に休みが取れて福利厚生が充実している中小企業なんて私の知っている限りないですよ






あぁ大人げないなぁ~とは思いましたが後の祭り(u_u)


でも、言わずにはいられなかった。




学生さんに対してムキになったことは反省しつつも、私の主張は間違っていないと信じたい。


一方で、そんな時代じゃないのか、そんなこと言うこと自体が私の経営者としての無能さを露呈しているだけなのか、などなど、深夜のこの時間まで悩んでしまう一日でした。

2016年8月21日日曜日

Vol.50 家族の支え

今日は朝のランニングのあと立川のららぽーとへ。


特に欲しいものはなかったけど、カミさんが前からこういうのを描いて欲しかったということで…









3人のチビちゃんたちの似顔絵を描いてもらいました。




描いてくれたのは、似顔絵世界大会に入賞経験がある、花木マロンさん。






期間限定でららぽーと立川に出店していることをチラシで知って。






ここで頼もしいのは、やっぱりうちのカミさん。

『1人2000円』って書いてあるのに、開口一番大阪弁で


安ならんの?




東京の方は免疫がないのか、顔には明らかに動揺の色が…

たじろぎながら「では○○円で…」(営業妨害になるので金額は伏せますよ(笑))




すかさずカミさんはさらに捲し立てます。



もう一声!



私は頼もしいやら申し訳ないやらの複雑な心境ヽ(´o`;

「では…」と完全にうちの勝利です(笑)




値切っても流石に一流の似顔絵画家です。

素晴らしい出来ばえでした(^O^)/






そんな楽しいうちのカミさん。

ブログ上ではけったいな大阪人ですが、実際の彼女はごくごく朗らかな普通の女性。

チビちゃんたちの躾には厳しいですが、私に対して特に最近はその行動言動から愛情を感じます。

私のダイエットについてもこんなものを…






自発的に買って付箋を貼っているのを見つけた時はジーンときましたね。

私自身も陰ながら感謝するのではなく、何かにつけてありがとうと言うようにしています。

思っているだけでは何も伝わりませんから。






そんなカミさんに平日は3人の子育てを任せっきりにしているので、休みの日は少しでもチビたちと関りたい。

同じ親に育てられても3人いるとそれぞれの個性がありますね。

長男は穏やか、長女は感情表現豊か、末っ子は自由奔放。

長女はまだ4歳なのに、女性は小さい時から女性。

自分の気分次第で私にくっついたり離れたり、何か買って欲しいときは満面の笑み。

私も甘いから騙されているのがわかっていても、ついつい買ってしまう(笑)





こんな子供たちのことを、先日oton-to(オトント)というメディアに載せてもらいましたので、こちらも是非ご覧くださいね。






こんななかでも上の2人のチビが

お仕事ガンバって~





まだまだ片言しか話せない末っ子が


オ・カ・エ・リ




と言ってくれるだけで






お父ちゃん、頑張るわ!


ってなってしまう。







カミさんもチビちゃんたちも私にとってかけがえのない存在。


以前は、孤独に耐え自分一人ですべてを勝ち取ってやるって気持ちが強かったけど、今は家族のために頑張っていると言っても過言ではないですね。


ここで書くのは、ちょっと恥ずかしいけど家族の支えがあるから今の自分がある。


家族への感謝を忘れずに明日からまた頑張ります!




Vol.49 脱停滞期

今日は昨日までと違っていい天気(^^)

6時過ぎから走ってきましたが、朝でも日差しが強くて汗だくになりました。

着ていたTシャツを絞ると汗がしたたり落ちるほどでした。

その結果、一時的にではありますが…






75kg前後をうろうろしていた8月前半は何をしても空回りで、痩せるはずのことをしているのに体重が落ちずにストレスが溜まりまくりでした。

お盆も毎日8~10km走っているのになかなか落ちない。

家では一切飲酒せず、炭水化物、甘いものも一切摂らず。

唯一の罪悪感と言えば、お盆中に2回もしゃぶしゃぶの食べ放題でたらふく食べてしまったこと( ̄▽ ̄)

ここまでやっていてなぜ…






ここまでくると正直弱い自分が顔を出します。


俺はようやった

自分のためにやっているんやから他人の評価は関係ない

誰にも迷惑かけるわけやないからえぇんとちゃう





現在最も恐れている?!存在のカミさんも

こんだけ頑張ったんやからもう無理せんでえぇよ




えっ

こんだけお金を使ってるんやから絶対痩せろよって言うてたお前はどこ行ったんや…

この甘い言葉は逆にもっと無理せぇよというフリなのか

と心の中で勘ぐってしまう…(笑)







いろいろ考えることが多かったこの一週間でしたが、やっぱり目標は必ず達成したい
という気持ちが沸々と湧いてくる。

もちろん、自分自身のためですが、応援してくれる家族やリアルな場やSNS上で気にかけていただける皆さんの期待に応えたいという気持ちも強い。




そこで改めて思ったこと



最後まで諦めず最善を尽くすこと



言い尽くされた言葉かもしれないけど、焦ることなく諦めない気持ちを持ち続けることが大事なんだと、この一週間を過ごしてきました。





ということで、ある意味気持ちが楽になってから、徐々に身体に変化が生じてきてこの結果!

不思議なもんですね。





そこで、8月前半までとお盆あたりからの変化は何だったのか…




①前述のとおり良い意味での割り切りができダイエットに対するストレスが軽減した


②サプリメントでビタミンを摂ったり、特保認定のお茶を飲んだり、身体にいれるものに変化を加えた


③エアウィーブが想像以上に身体に合い睡眠の質が向上した結果、疲れが溜まりにくくなった




すべては私の解釈であり、真実はわかりません。

でも、すべての物事には因果関係がある!

仮説を立て実践し検証するという、当社が中小企業に向けて伝えていきたいことを今現在身をもって体験しています。






おそらく超停滞期は脱した模様。

あと10日最後まで諦めず最善を尽くします!

2016年8月20日土曜日

Vol.48 リアルな場でのやり取り

オリンピックでの日本チームの活躍には、どれも胸を打たれますね(^^)

その中でも今日の男子400mリレーは凄かった!

チームワークの真髄を見せていただいたような気がします。






さて、本日2回目は、リアルな場でのやり取り。




組織の中では常に問題提起が必要となってきますが、次の会議まであと一週間~10日あると待ち切れなくて、メールやSNSで複数名宛に問題を投げかけることが8月に入って3度ほど。





こんな流れで。


私から問題提起する

⇒メール上でのそれぞれの意見が飛び交う

⇒私の考え方が伝えられたことや皆さんの意見が聞けたこと、そして、ある程度共通認識が取れたことに満足する





ここまではいいのですが…

このやり取りのあと会社でリアルに顔を合わせた時に、上記のやり取りが何もなかったように振る舞っている関係者がいた。

すると、またまた面倒臭い私が顔を出す(笑)




以前お世話になった会社の先輩が言っていたこと。


メールでオーラがある人ほどリアルでは弱々しい



ホントにそうやなって思うほど、今回もメール上で立派な発言をする人ほど議論したやり取りなんて随分過去のことと思えるくらい、リアルな現場で素っ気ない態度をとります。

ちょっと淋しいですよね(u_u)





アナログ対話


当社の行動基準のひとつです。

肝心なことほど面と向かって話すことを求めています。





私もブログで書くだけでは彼ら彼女らと同じ。

もちろん、先週の幹部会議の場で吠えましたよ( ̄▽ ̄)



リアルな場でのやり取りをもっと活発にしよう!



やり方よりもあり方。

少しずつでも分かってくれると嬉しいですね!!!

Vol.47 面倒臭い上司

今日は朝7時からライザップ。

残り2回ですけどグッドシェイプを維持するためには、食事や運動は継続ですよね(^^)

それよりも8月末までの目標達成!今朝時点で70kg目標に対して73.8kg(T . T)

最後まで諦めずに頑張ります!






昨日は2017年入社の内定者を集めての研修会。

私も内定者に向けて計2時間ほどお話したかな。

夜はプロジェクトメンバーも含めての食事会。

社員と飲みにいかないと前回のブログで書いた私も、非常に楽しめました(^^)

内定者の皆さんの将来をめちゃめちゃ期待しています(^O^)/





さて、今日は面倒臭い上司。

私は究極に面倒臭いはず(笑)





昨日の内定者研修でのフィードバックをチャットワークのスレッドに報告。

内定者の名札をMAPのロゴが入ったもので用意することを検討してね、という内容。

そしたら、あるプロジェクトメンバーから「作成しました」との返答。





普通の上司なら素晴らしいで終了かもしれませんが、超面倒臭い私はその問いかけの意味をもっと考えろとキレる。




実際の文章はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




昨日企画したメンバーは、この些細なことをどう感じたのか?

周りにいた人も何も気づかなかったのか?

私は名札を作ってという指示を出したかったわけではありません。

名札を作らないという選択肢があってもいいと思います。

内定者の皆さんでもう顔と名前が一致していない人がいないなら。

名前を直筆で書くことの意味があるなら、そのままでも構わないということです。

もう仲間なんだから皆さんと同じ様式で名札を用意すれば、おもてなし感がでるかな、と。

外部の研修に出てそう感じた私の感想です。

「作業してくれてありがとう」では、ずっとプロジェクトの考えるレベルは向上しないと思いますよ。

些細なことに気づかない人は一生気づかないかもしれませんが、気づく人を採用して欲しいと思っています。







自分で読み返してみてもびっくりするほどの面倒臭さです( ̄▽ ̄)



自分が部下なら確実に逆切れしているかも…



お前のしろって言った通りにして何が悪いんじゃ



おそらく今日も出勤して頑張ってくれている、採用プロジェクトのリーダーである森井葵さんは心の中でこう叫んでいるはず(笑)

確実に原文そのままの状態で!






指示したことをそのままやることも大事。

でも、今朝指示を出したプロジェクトメンバーは、もうこのレベルを超えているはず。

自分で考えて自分で答えを出し自分で最適解を出せるレベルの人たちだと信じているから。






問題発見力、課題設定力、そして、問題克服力、課題解決力を、会社を構成するメンバーがそれぞれ身につけていけば、必ず組織は成長するはずですよね。




そうするためにも今後も面倒臭くあり続けることを誓った週末でした(^_-)

2016年8月18日木曜日

Vol.46 社員と飲みにいかない理由

今日は朝から雨がパラパラ。

そんな中でも晴れ男の私が外に出るときは傘要らず( ̄▽ ̄)







さて、本日は社員と飲みにいかない理由。





私は原則社員の方と個人的に飲みにいくことはありません。

もちろん、会社の行事や社員旅行には参加しますよ!

また、社員の方と飲みにいきたくないわけでもありませんよ。

自分からは基本誘わないという意味です。





社長に就任したばかりの頃に幹部の皆さんには宣言しました。

一部の社員の方も知っているかもしれませんが…





その最大の理由は



昼間我慢して言えなかったことを酒の力を借りて勢いにまかせて言う輩がいるから



これは今の経営者という立場で社員から言われたケースでなく、以前の会社で部下という立場で上司からくどくど言われたケースもあります。






あと立場ある人から誘うと社員は断りづらいと思うから。

嫌々連れていっても、私もつらいですし…

ちなみに私は若いころ、上司や先輩からの誘いを基本断ったことはないですよ(^O^)/







一年ほど前同い年で最も尊敬する税理士の一人である、御堂筋税理士法人の才木正之先生と食事したとき、彼がこんなことを言っていました。




本音と建前という言葉が嫌い。

人間は良い意味で建前で生きている。

すべて本音なら野獣と同じだ!


なるほど(^^)







本音を出せば、何でもいいわけじゃありませんよね。

人付き合いのなかで、どんなに仲が良くても一定の配慮が必要です。

ましてや酒の力を借りないと言えない本音なんて私は聞きたくない。

ちゃんと昼間に言えばいいと思っています。

立場が違うと言いにくいことは多々あるのは承知の上言うのも選択、言わないのも選択、自分で選択したことに責任を持つことが大事ですよね。







最後に、もう一つ誘われれば飲みにいくということo(^_-)O


でも、社長という立場だと誰も誘ってくれないですよね(淋しいわけではありません。私は元来人見知りで一人が好きなので…)。


飲みにいく機会があるなら、明るく楽しく元気よく、ただ面白いだけで翌日何も残らない話題ではなく未来に向けた意義深い話をじっくり話したいですね!

2016年8月16日火曜日

Vol.45 健康的に生きる

当社のお盆休みも今日で終わり。

今年のお盆休みは肉体的に追い込みをかけました。

今日はランニングを休んで、マッサージに行ってきます!







ダイエットを始めて気がついたこと。

それは運動して肉体を追い込んでもそれ以上に食べたら太るということ

アスリートがたくさん食べても太らないのは、一般人には想定できないような凄まじいトレーニングをしているから、だとか。

一般人が仕事の傍らでするトレーニングでは、消費するカロリーはしれています。

私が使用しているランニングアプリでは、10km近く走っても消費カロリーは800kgカロリーに満たず、ビールに焼肉ですぐにとんとん。

素人の単純計算だと一日三食だとすると二食分は蓄積されるということです。

そりゃ太るわなヽ(´o`;

適度な運動はもちろん大事、それ以上に食事が質的量的に一番大事だということです。








それに加えて…

6月のダイエット計画スタート時点から、カウンセラーの綺麗なお姉さんに勧められるがままサプリメントを購入。

糖質の吸収を抑えるもの、脂肪の燃焼を補助するもの、たんぱく質を確保するためのプロテインなどなど

ある意味薬づけ( ̄▽ ̄)








これが最後のチャンスだという覚悟で臨んでいるため、多少の出費はまったく気になりません。

カミさんにも子供たちにも喜んでくれていますし(^^)





数値的にも変化がありました。

体重が3ヵ月で13~14kg落ちたのと同時に、薬を服用していた血圧も劇的に下がりました。

以前は最高血圧が140~160mmHGだったものが、最近はなんと100mmHG前後!

かかりつけの先生もびっくり。

血圧の薬も軽めのものに変えていただきました。

いずれ飲まなくてもいい日がくると思います。








ただ、こちらのブログで報告しているように、6月から本格スタートしたダイエット計画が8月に入って超停滞期。

74~76kgをうろうろ。

超焦っているこの状況では、いろんなものに手を出してしまいます( ̄◇ ̄;)






まずは軽めのところで、こんなもの。伊藤園さんの『伊右衛門特茶』

「体脂肪を減らす」というフレーズは今の私には超刺激的!












次に、味の素さんの『アミノバイタル』

ランニング後の疲労回復に服用しています。











そして、DHCさんの『マルチビタミンミネラル』

栄養のバランスを取るためトレーナーから勧められてお盆中から服用しています。











ダイエットにもさまざまな“流派”があり、それぞれ賛否両論あるでしょうが、私自身の健康に対する意識は数ヵ月前に比べると劇的に向上したことだけは事実です。



減量の目標達成はもちろんのこと活動的に仕事を続けられる健康を手に入れるという目的を見失わず、まずは8月末まで突っ走ります!

2016年8月15日月曜日

Vol.44 人格を高める

今日は長男の幼稚園時代の友達家族と相模原の公園で遊んできました。


のどかな風景のなかでリラックス


その家族が昨年藤沢に引っ越したので普段会えないのが影響したのかチビたちは、最初エンジンかからず。

でも、一緒に水浴びしだしたら早いもんですね、すぐに馴染んでいました(^^)

こちら3人、あちら4人で、あちらのお父さんが今日から会社なので大人男子は私一人。

両方のカミさんが声を揃えて、周りにたくさん人がいるのに一夫多妻制の子だくさんと言うもんだから若干恥ずかしかったけど、楽しくリラックスできましたよ!








さて、本日2回目のアップは人格を高めるということ。

当社の創業者の高山さんは、私が言うのもなんですが、人間的に素晴らしい方でした。

私を引き上げてくれた恩人であり、一生かけて“親孝行”したいビジネス上の親父みないな方です。

業界を良く知るベテランの経営者の方から「この業界で高山さんを悪く言う人はいない」と何度となくおっしゃっていただいたのは、当社社員の誇りでもあります。






高山さんとは人間が違うんだからやり方が違って当然だ。

もちろん、高山さんが目指していた事業目的に120%コミットした上での手段の違いという意味です。





高山さんが今年の3月に引退する際に、お客様への挨拶に同行させていただいた時のこと。

そこでも「高山さんは人格的に素晴らしかった」とおっしゃっていただきました。





そっか…

決して、そのお客様は私のことを人格が低いという意味でおっしゃったわけではないと思いますが…

その時、私自身が人格というものを軽視してきたことに気づきました。






元来私はちゃらんぽらんな人間です。

厳格な父に育てられたので、まったく逆の人生を生きてきました。

オモシロおかしくやれたらいいなって。

もちろん、成果にはこだわってきたつもりですが…






そういうのもあって、人格が高い先代とは別の経営者像を描いていた部分があったのかもしれません。

なので、人格なんてどうでもいいとは思っていませんでしたが、あまり意識していませんでした。






変化がない

そう言うと、当社の幹部である山脇さんから過去に2度ほど変わらないとダメなんですかと言われ

それに返答ができなかったことも…

確かにそうやな、変えたいだけやったなって反省することもありました。






目的を一にして、手段を変えていく。

この信条はこれからも基本的には貫いていこうと思っています。

それと人が違えば特性も違いますが、違った特性の人が集まったなかで共通の人格の高さがあるのではないかと最近つくづく感じます。






上場企業の経営者その他社会的地位の高い方と少しずつお会いできる機会が増えてきました。

そこで思うこと…

この方たちは人格が高いからこのステージまで上がれたのか?

それともこのステージまで上がったから人格が高くなったのか?

今の私には答えが見つかりません。






ただ、ひとつ言えることは、いずれにしても世の中の真の成功者は人格が高いということ!







そこで、私が人格を高めるために今後すること


①口に出しても何も変わらないことは口にしない


②過去に誹謗中傷を受けた人(私の解釈も含まれているが…)を赦す努力をする


まずはやれることからやってみます!

Vol.43 超停滞期

5月14日に88kgあった体重を8月31日までに70kgまで落とすダイエット計画が超停滞しています。





今朝時点での体重は…



8月15日計測



7月末の74.4kgより増えてしまっています。


7月31日計測
大いに焦っていますヽ(´o`;







糖質を制限した食事をし、ライザップでの週2回のトレーニングを欠かさず、先月からは有酸素運動を取り入れています。



8月に入ってからは距離を伸ばしています。





7月はウォーキングを中心として、13回で計60.0km

8月に入ってまだ月の半分ですが、9回で54.9km

お盆休みに入ってから毎日のように走っています。









8月11日(木)  9.21km(2回に分けてウォーキング)

8月12日(金)  8.36km(ランニング)

8月13日(土)  9.67km(ランニング)

8月14日(日)  9.86km(ランニング)



感覚的には運動すればするほど増えている感覚です。

何をすれば減るんだろう…







体重の減らないことに苛立っている



という私の言葉に対し、トレーナーからは



①お盆休みは一層のこと有酸素運動をやめてゆっくり身体を休めましょう!



②カロリーが足りないかも…3食きっちり食べてカロリーを確保しましょう!



③焦りというストレスが身体を防衛している可能性があるので、ストレスを溜めずリラックスしてください!









これに対する私の心の声( ̄▽ ̄)



①に対し
これで運動もせず目標達成できひんかったら恥ずかしいやろ




②に対し
もっと食べろって言われてこんなに苦しいことないわ



③に対し
焦るなって言われれば言われるほど焦ってまうわ







私は誰と戦っているんだろう…

まだまだ私は勝ち負けで物事を判断する人間だ!

良いのか悪いのかはわからないけど…




とにかく決めたことは最後までやる!

8月末まであと2週間あと5kg!




トレーナーのアドバイスを参考にして、やるべきこと(休息することも含めて)を最大限にやるしかありませんね(^^)


2016年8月14日日曜日

Vol.42 最初の3年で人生が決まる

リオオリンピックで日本チームが大活躍ですね(^O^)/

大活躍にあやかって、こんなものを買ってしましました!



エアウィーブですよ。

睡眠の質の向上を図るため、ちょっと贅沢な買い物をしました。

日本チームの公式スポンサーになっているようで、飛行機の座席やホテルのベッドにこれを敷いているとTVで見ました。

今夜の寝心地はいかほどか楽しみです(^^)










さて、今日は今朝ほど拝見した、当社の若手ホープ、福岡支社長の田中亮さんのブログ『俺のキャッシュフロー』を受けて感じたこと!

若いうちは自身に負荷をかけてという内容。

ホントその通りだよなって携帯を見ながら頷いてしまいました。

そう思ったのは当社の最近の若手にそれを感じないからかなぁ~( ̄▽ ̄)





田中さんは私が入社した翌年の新卒入社。

彼は自身にハンパなく負荷をかけていたよなぁ~って記憶がありますね。

今でも負荷をかけてますけどね(^^)





数年前、彼が担当していたツールの開発。

3~4ヵ月休みなし(もうちょっと長かったかな…)で製作にあたっていました。

一段落ついたゴールデンウィーク明けに、当時上司であった私に彼が言った言葉。



申し訳ありません。3連休疲れが出てパソコンを開くことができませんでした。



これほど根詰めて数ヵ月休みなしでやっていたんですね。

ツールの出来栄えもさることながら、彼の仕事に対する姿勢に感動したのは言うまでもありません。






やっぱり若いうちが大事なんですよね。

若いうちに無理できない人は歳とってから無理はききませんから。

特に学校を卒業して3年が重要なんです。





というのも以前まったく別々の方から別々の事例で教えていただいたこと!

エン・ジャパンの創業者、越智会長から教えていただいたイェール大学の研究事例。

元同僚で国内外で活躍するコンサルタント山田伸英さんから教えていただいたトヨタ自動車の調査事例。





両事例をザックリと要約すると…





学校を卒業した時は同レベルの人材でも、40歳前後で差がつくのはなぜか?

それは最初についた上司が厳しかったか否か

それとそこでハードワークをしたか否か

特に最初の3年で顕著にその傾向が強い






考えさせられます( ̄◇ ̄;)





私の場合、大学卒業後に就職した飲料メーカーでの肉体労働、今となっては笑えますが、当時は身体的にも精神的にも相当きつかった思い出しかないですね。

あれがあるから、多少のことはきつく感じない。

理不尽に思えることもたくさんありましたしね。

それが基準だからその時に比べればと思えますしね。






同じ思いをする必要はありませんし、もちろん強要もしませんが、年後10年後の大きな夢、なりたい自分があるのなら、今何を選択するかが重要になりますよね。



私も田中さんと同様、その選択をしっかり支援していきたいと思っています!

2016年8月13日土曜日

Vol.41 3年ぶりの出版

こちらのブログでは報告していませんでしたが、とある出版社に企画を通していただき、出版することが決まりましたo(^_-)O

社長に就任する前年の2013年9月以来の出版になりますので、実に3年ぶりの出版





前回の『最強「出世」マニュアル』(マイナビ出版)では、ビジネスマンとしてのあり方や心構えを、20代後半から30代前半の上昇志向は強いのに空回りして日の目を見ないサラリーマン向けに、今からでも遅くないという思いを込めて書きました。

34歳バツ1、転職4回、ダメサラリーマンだった私がどのように自分を変え、周りの評価を変えていったかを出し惜しみすることなく表現した渾身の一作です。

まだご覧いただいていない方は是非こちらから( ̄▽ ̄)











今回の出版は当社の商売の話(^^)

直球ど真ん中の経営計画について書きます。




企画が通ったのはいいけど…

いろいろ悩みが…





経営計画の大御所の先生方が書くようなものは私は書けないし、一方で、当社の源流である杉山先生から先代の高山さんに至る当社の流れを汲むべきだし…

経営計画という、言わば経営の基礎、原理原則、もっと言ってしまえば、当たり前を当たり前に伝えることほど難しいことはないですよねヽ(´o`;

また、経営計画の立て方を忠実、かつ、丁寧に書いても面白くない(そんな本の著者の方、ごめんなさい)。






はじめての出版の時に教えていただいたんですが、本が売れるか否かは以下の3点で決まるとのこと!


①タイトル
  ⇒ インパクトがないと手に取ってもらえない


②著者プロフィール
  ⇒ 結果として同じことを言っていても誰が言うかで意味合いが違う


③装丁
  ⇒ 書店でもセンスの良く見た目の良いものが手に取られる





自分でいうのも何ですが、私はこの分野の本を書く著者の中では完全にイロモノ

やっぱり、経営計画を世の中に広める商売をしている会社の後継者として、経営計画というツールを使ってどのような色を出してきたのかを表現するしかないし、それしか出ないですもんね。

①タイトルと③装丁は叡智を集結して対応し、私という人間が書いたから面白いと言っていただける本を書きたいですね。






現在社内で手伝っていただける方々の手を借りながら、10月あたりに出版できるよう私はお盆もスタバで頑張っていますo(^_-)O





Vol.40 戦略的に生きる

ブログで敢えて言う必要もないかもしれませんが、私の人生がいかに戦略的でなかったかを反省させられる今日この頃です。


これまでの私は、その時その時で私よりワンランクもツーランクもレベルの高い素晴らしい方と巡り会うチャンスをいただき、その人たちに引き上げてもらうことで何とかやってこれました。





中学時代の先輩から言われたこと



おまえは、素晴らしい人と出会える運を持っている



30年前に言われたことを今でも鮮明に覚えています。







運だけで今の私があると言っても過言ではありません。

今まで良い意味でも悪い意味でも目の前にあることをただひたすらこなすだけの仕事になっていました。






1年前からアチーブメントさんの研修を受けさせていただいて、講師の青木先生が何度となくおっしゃり、また、私自身も口にしてきて意識してきた事柄…




時間とお金の使い方




振り返ってみると私に一番欠けていたことだったかもしれません。





私が言うには。有効的な時間とお金の使い方こそ、戦略的に生きることです。




このお盆休みを機に、改めて仕事の仕方を変えてみようかと…



①第2象限(緊急度こそ低いが重要度が高いもの)のみを熟考する時間を週1回3時間確保する

②①で考えたことをカタチにし週1回1時間社内パワーパートナーとレビューする

③②でブラッシュアップしたものを月2回各1.5時間の事業創造会議(社外パワーパートナー参加)でレビューする



①~③を最優先で確保し、確保できない場合は他の予定を入れないこととします。



今までは、自分で考える時間は空いている時間としてきましたが、空いている時間はスケジューラーに次から次へと予定が入ってしまう。

終いには、空いている時間がなく、最優先すべき第2象限に充てる時間が後回しになってしまうバッドスパイラル。

これでは、経営者として仕事をしていることになりませんよね。





今後、経営者としてより「経営」という仕事に注力できるよう、戦略的に生きていきます!



2016年8月12日金曜日

Vol.39 積上げではなく逆算

8月1日に産休から復帰した、当社の小坂さんから本日衝撃的な一言が…

痩せられたから病気だと思っていて声をかけられませんでした

復帰してから10日間ず~っとそう思ってたのね(笑)

もちろん、丁寧に説明しました( ̄▽ ̄)







さて、先日2泊3日で幹部合宿を行いました。

そこで気づいたこと。




2年半前に社長に就任して以降力を入れてきたことの一つが、コンサルティング機能の充実です。

もちろん、当社の核になるのは私が最も期待している社員のうちの一人である、エグゼクティブコンサルタントの山脇さん。

彼も当初からの幹部メンバーとして合宿での議論に参加しています。





これまでの私は、山脇さんがこれだけ稼いだら人を増やし、その人もこれだけ稼いだらまた人を増やす、といったように積上げでの目標設定をしていました。

今回の合宿で気づいたこととは…

それは、積上げた結果がコンサル事業3億円ではなく、2019年12月期にコンサル事業を3億円規模にするにはどのような布陣が必要で、今社内に人がいないから諦めるのではなく、いないなら採るということ!

つまり、今何をすべきかをありたい姿から逆算すること!





普段「ありたい姿からの逆算」とお客様である中小企業の経営者に散々申し上げておきながら、自社のことになると原理原則に立ち戻れなかった自分を反省しました。

無理をするつもりはありませんが、正しい選択をした上での最大限の努力をすれば充分に想定できる数字。




これから10月にかけて来年以降の中期計画の策定に入ります。

社員をワクワクさせるには自分自身がワクワクできるビジョンでなければなりません。

まずは私自身が楽しむことですねo(^_-)O

2016年8月11日木曜日

Vol.38 365日年中無休人間求む!

365日年中無休

まさに私のキャッチフレーズ。






34歳にして4回の転職。

フラフラしていた私を拾ってくれた当社MAP経営創業者の高山さん。

感謝しても感謝しきれない恩人です。





それまでの私は会社の成長と自分の成長を重ね合わせることのできない人間でした。

自分さえ成長できれば会社なんてどうでもいい。

会社を踏み台にして、いずれビッグになってやろうという野心しかありませんでした。







何度か人生の節目はありましたが、私の人生を変えてくれたフレーズ…




与えたものが得たもの




東京コンサルティンググループの久野康成会長から教えていただいた言葉。

それまでの自分は得よう得ようという気持ちが先行して、自分が会社に、そして、社会に何を与えられるかなんて考えたことがありませんでした。





この言葉があったから平々凡々どころか何の取り柄もない私は、とにかく休みなく、できるできないかではなくやるかやらないかで、どれだけ時間を使おうが最後までやり切ることを決めて当社での最初の1年を過ごしました。

その姿勢を見て創業者の高山さんは、当時社員番号にして42人抜きで取締役に抜擢してくれたんだと今でも思っています。








自分がそうだったから社員もそうあって欲しいと思うのは経営者のエゴかもしれません。

普段お世話になっているアチーブメント青木社長は努力より正しい選択とおっしゃいます。

今の私は、正しい選択をした上で、人より時間を使って努力することを信条としています。






私も含めて凡人の集合体である当社が、私の掲げた10年ビジョンを達成し、公の会社、つまり上場企業の仲間入りをするためには、並の努力では到底実現できないと思います。

私自身10年前の365日年中無休を、今後のある時期に2~3年もう一度やらないと、大願を成就することはできないはず。






そして、これは私一人では到底できない大きな壁。

そこで、能力は二の次、まずは気合と根性に自負があり365日年中無休で働ける方を募集します。

2016年8月10日水曜日

Vol.37 原理原則に忠実な行動

本日も早朝7時よりライザップでトレーニング。

早いもので24回分のトレーニングを買いましたが、本日分終了して残り4回分となりました。






実は8月に入ってから停滞しています(T . T)

7月末の目標値75kgを切ってから、74~76kgあたりをいったりきたりしている、この10日間。



経過はこんな感じ

88kg(5/19ライザップでのカウンセリング時)

⇒86kg(6/1トレーニング開始時)

⇒80kg(6月末マイルストーン達成)

⇒74.4kg(7月末マイルストーン達成)





非常にストレスを感じますが「人はストレスを感じると無意識に身体を守ろうとするから痩せにくくなる」とトレーナーから言われると、またストレスを感じる、というバッドスパイラル。

何事も焦るのはよくないですね。






でも、原因ははっきりしているんですよね。



それは…


①「ずいぶん痩せましたね、今のままでも素敵」とごく少数の女性に褒められて大いに調子にのってしまった。


②8月に入ってから今日まで休みがなく、9日のうち7日で大量の飲酒をしてしまった。


③連日の会食時や合宿中の朝食ビュッフェなどで腹いっぱい食べてしまった。




③の合宿中の朝食がこれ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






言わなければ誰もダイエット中だと思わないですよね( ̄▽ ̄)

当然、トレーナーからは「食べ過ぎ!」とのコメントが…(T . T)





前回6日のトレーニングの翌日から3日連続で5~7kmのランニングをするも、期待していた通りの成果が出せませんでした。




8月末までにあと4~5kgを落とすためには、先月先々月の気持ちを思い出し、原理原則に忠実な行動をとるしかない。





今日からお盆休みにかけて

①今夜明晩の会食での飲酒は適量

②家ではアルコール摂取をしない

③明日11日~16日まで毎日5km以上のランニング

④野菜・海藻・植物性たんぱく質を大量に摂取し、動物性たんぱく質の摂取を自動的に制限する

⑤休み中は7.5時間の睡眠をとる




これを実施し、お盆中には72kgを一度は切ってみせます。




以前は食べても運動すればいいやろくらいに考えていましたが、私の食欲を消費するだけの運動するとなるとオリンピック選手並みに運動せねばならないはず。


過ぎたるは及ばざるが如し


腹八分目・適度な運動・十分な睡眠とは、よく言ったもので健康体を保つのに不可欠だということを44歳というこの歳になって初めて体感しております。




ダイエットも至極シンプル!

摂取カロリー>消費カロリー  なら太る

消費カロリー>摂取カロリー  なら痩せる

たったこれだけのことに本当の意味で理解できたように思います。




最近お世話になっているアチーブメントさんの研修では「原理原則に従って自分の行動を合わせていくことが成功の秘訣」と教えていただいております。

今までは、自分の都合の良いように原理原則を解釈していたように思います。




あと3週間、原理原則に忠実に行動し、必ず結果を残します!



2016年8月9日火曜日

Vol.36 幹部合宿

昨日まで2泊3日の幹部合宿のため久々のブログアップ。




幹部合宿は私の社長就任以来続けてきて今回で6回目。

1年2回のペースで進めています。

朝8時から夜9時まで食事の時間を除いてぶっ通し、もちろんその間は飲酒なし。

9時終了後にはお酒を飲みながら日が変わる頃まで延長戦です。

3日目の午後にはだいぶ思考力が落ちてきてグロッキー状態になる方もいらっしゃいます。




合宿のテーマは、いつも緊急性こそ乏しいが重要性の高いもので、将来の会社のありたい姿。

いわゆる第二象限です!





今回も、普段日常業務に追われている中では考えることができないテーマが目白押しで、充実した議論ができました。

セッション中幾度となく「合宿ってえぇなぁ~」と独り言

参加メンバーは若干冷ややかな反応( ̄◇ ̄;)

ここでは共通認識がとれていないと若干焦りつつも、私のわがままにいつも付き合ってくれる幹部の皆さんに感謝です(^^)





この合宿の目的は幹部間の共通認識を持ち、判断基準を統一することにあります。



さまざまな意見は出ますが、最終意思決定をするのは社長である私。

それに対して、どのような判断基準で意思決定をしたのか、または私の考え方の背景にあるものはなにか、を幹部の皆さんにとことん伝えていきます。



幹部の皆さんに求めていることは、それを部門メンバーに伝える際に「浅野さんが〇〇と言っていたよ」とそのまま伝えることはやめてほしい、ということ。

伝書鳩マネジメントはいらないと伝えています。



そこで決まったものを幹部の方が理解し、その理解の上各メンバーに幹部自身の言葉で伝えることを求めています。

なぜなら、会社には階層があり、それぞれ求められる役割が違います。

同じレベル感で伝達していては、伝わらない階層があるはず。

逆に伝わったとしたら階層はいらないはず。

戦略層では戦略層への話し方、それを戦術に落とし戦術層に話すのが、幹部・管理職の役割だからです。




今回もたくさんの意思決定をしました。

今日から幹部メンバーが決定事項を、自分の役割に合わせ自分自身の言葉でメンバーに伝えていきます。

今回の合宿も、将来のありたい姿に向かって一歩前に踏み出せた実感をもてて、非常に有意義でした!


2016年8月4日木曜日

Vol.35 心配だけならされない方がまし

今日は天気がいいですね(^^)

8月1日の私のToDoリストにはこう書いてありました。

東京マラソン2017エントリー


今年は迷いなくエントリーしました!





昨年のエントリーは超消極的( ̄▽ ̄)

趣味はランニングと胸を張って言えない私。

というのも、ランニングそのものよりも、その後のランチ会、飲み会がメインになっているから。

仲間から誘われ乗り気じゃないながらハーフマラソンまで完走していると、各方面から無責任?!なお誘いがくるんです。

誘ってもらえるうちが花なんですけどね。




どんなんかというと

5km走れる人はフルも走れる

当社のお客様で心の底から尊敬している方から出たこの言葉に「いやいやいや…」と失礼な返答。

いかにすれば可能かを語れを信条にしている私もマラソンに関してだけは、できない理由のオンパレード。




その他の方々からもフルマラソンの誘いがひっきりなしになってきて、ノリもあるけど断りきれなくなった時の超おバカな言い訳がこれ↓↓↓↓↓↓↓↓


俺のデビュー戦に相応しいのは最高の舞台だ!

ということで、「どうせ通らないから…」と思って倍率10倍以上の東京マラソンに応募。

何年も続けて抽選漏れしている友人知人もいるなかで、運だけは超いい私は一発当選





この時ばかりは「俺は運が悪いのかも…」とネガティブな気持ち( ̄◇ ̄;)

一方で折角当たったのだから走らないのは失礼と思い、すぐに切り替え減量とトレーニングの計画作成。

ただ、その時は正直減量もトレーニングを満足にできませんでした。

フルマラソンに対する願望が薄かったのと完走くらいはできるだろうという根拠のない自信があったから。






なが~い前置きはこれくらいにして、ここからが本題。

179cm・88kgでおデブな私が寒い時期にしかもトレーニング不足で本当に走れるだろうか?

と心配してくれる人がたくさんいました。

気にかけてくれることは大変ありがたいのですが心配だけされてもね~というのが率直な感想。




私にとって本当の意味で有難かったのは、フルマラソンの必需品を教えてくれた方、トレーニングを兼ねたハーフマラソンに付き合ってくれた方、そして、当日現地まで応援しに来てくれた方たちです。




何かして欲しいとおねだりしたいのではありません。

私からすると心配だけならされない方がましだということです。




先日当社で研修をしていただいた井上敬一さんは応援とは具体的な行動を伴うこととおっしゃいました。

「応援しているよ」と言うだけでは、応援にならないと!




その時の私は、プラスの声がけは嬉しいが、心配だけなら大きなお世話という心境。





普段仕事をしていても他人の心配ばかりしている人がいます。

私はそのような人に対して他人の心配する前に自分の現状や将来を心配したらと告げています。





私自身も本当にその人のことが心配なら、それを口にして放置するのではなく、ちゃんと具体的に支援できる人になりたいものです。




今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございましたo(^_-)O

抽選は9月中旬ですが超運が良い私はきっと当選しますので、今度は5時間切り目標で頑張ります!


ギリギリで完走(完歩?!)した今年の東京マラソン

2016年8月3日水曜日

Vol.34 行動・態度・発言がすべて

最近特に思うことがあります。

他人は何を考え、どう思っているのかはわからないということ。






以前は思い込み、決めつけでフィードバックすることがよくありました。

「お前は絶対に俺のことを軽んじているやろ!」と…

フィードバックというより子供の喧嘩ですが( ̄◇ ̄;)

ただ、相手が私のことを軽んじているかどうかなんて本人にしかわからないし、相手が「軽んじていない」と言えば何時間議論しても並行線になる。

本当に不毛なことをしていたと反省しています。






現在はフィードバックする際、相手が何を考え、どう思っているか、などにはフォーカスしないようにしています。






例えば…

理念に共感しているか否か

会社に対する帰属意識があるか否か

行動基準を理解しているか否か




行動基準を理解しているか否かが問題なのではなく、行動基準に則った行動言動をしているか否かが問題だと気づきました。




当社の行動基準の筆頭に「お客様満足」があります。

「お客様満足」について雄弁に語るのに目の前で鳴っている電話を取らない人と、「お客様満足」という漢字が読めなくともワンコールで電話を取る人。



皆さんが経営者ならどちらの人を好まれますか?

極端な例ではありますが、私は絶対に後者を選びます。

なぜなら、行動で示せているからです。







先日、当社の管理職に対して以下の内容でフィードバックしました。

同様の事案が2件ありました。




【実際のメッセージ】

私は〇〇さんから軽んじられているように感じました。
というのも、先月のリーダー面接でフィードバックしたことに対する修正が全くなされていない。
以前から何度となくお願いしていることも、同じことを何回も繰り返している点でそう感じています。
〇〇さんが実際に私を軽んじているか否かを確認したいわけではありません。
何度申し上げても修正されない、その〇〇さんの行動言動から、私がそう捉えているだけです。




ここで私が意識したのは、

①私のことをどう思っているかは一切問わないこと

②相手の行動・態度・発言から受ける印象を率直に伝えること






人への伝わり方は、表面化する動・態度・発言がすべてなんだと思います。

心の奥底なんぞわかるはずもないのです。

表面化した行動・態度・発言でしか判断できないし、それ以外でフィードバックしてはいけないんだと、つくづく感じている次第です。






私自身フィードバックをする時もされる時も気をつけていきます!

2016年8月2日火曜日

Vol.33 感謝の気持ちをカタチにする

先週はアチーブメントさんの研修漬けでした。

水曜日はプロスピーカートレーニングを受講しプレゼンの本質は相手の行動変容をもらたすことを再認識。

今までいかに相手のことを考えず、自分が話したいことを話していたのか、と猛省しました。







木曜日から土曜日まで青木仁志先生の『戦略的目標達成プログラム「頂点への道」講座スタンダードコース』の受講。

初受講から丸一年4回目の再受講でしたが、今回も気づきがいっぱいでした。






人生の目的は幸せになること。

人間には5つの基本的欲求があり、それをバランスよく満たすことが幸せへの第一歩と教えていただいたいます。






5つの基本的欲求とは…

①生存の欲求…空気や水、食べ物、住居、睡眠など、生きていくために必要なすべてに対する欲求

②愛・所属の欲求…家族、友人、会社などに所属し、愛し愛される人間関係を保ちたいという欲求

③力の欲求…自分の欲するものを、自分の思う方法で手に入れたいと思う、人の役に立ちたい、 価値を認められたいという欲求

④自由の欲求…自分の考えや感情のままに自由に行動し、物事を選び、決断したいという欲求、誰にも束縛されずに自由でありたいという欲求。

⑤楽しみの欲求…義務感にとらわれることなく、自ら主体的に喜んで何かを行いたいと思う欲求

(※アチーブメントHPより)




約一年前はこんな感じ…
私は元来③力の欲求が猛烈に強く、①生存の欲求や②愛・所属の欲求が極端に弱い。

健康だからといって仕事において成果が出るわけもなく、家族は自分が食わせてやってるんだから文句ないやろ、といった具合。

④自由の欲求については、③力の欲求を満たせば自ずと自由になれるはず。

格好つけるわけでなく仕事が趣味みたいなもんやから⑤楽しみの欲求は要らず。




自分で自分のことを書いていますが本当に嫌な奴ですね(笑)






そして、この一年で劇的に変わったこと…

今取組んでいるダイエット。

痩せることよりも活動的に仕事をし続けられる健康を手に入れることを主眼に置いていること。





それから、もう一つ感謝の気持ちをカタチにすること。

具体的には、記念日に花やプレゼントを贈ること、読んで感銘を受けた本をメッセージ付きで贈ることをしてきました。




改めて数えてみると

花…18名

プレゼント…7名

本…5名



きっかけはアチーブメントで初受講時に、普段からお世話になり兄のように慕うプルデンシャル生命の大塚伸宏さんからの花のプレゼント。

自分がしてもらって嬉しいことは、私が大切に思っている方にもしたいな、と!





妻や母、そして義母にもメッセージ付きで誕生日に花を贈りました。

妻には「可愛い子供たちを産んでくれてありがという!」

母には「産んでくれてありがとう!」

電話口で泣いているのが分かり早く切りたそうにしてる母とは対照的に、妻は「なんか悪いことしてる?」と疑いの目( ̄◇ ̄;)

義母から妻に「良い人と一緒になれて良かったね」と感動する一言(^^)

その他多くの方に感謝の気持ちを伝えられ、私自身が満たされました!





思っているだけでは本当に伝わらないですね。

これからもカタチにする・言葉にすることで感謝の気持ちを伝えていきますo(^_-)O





最後に、基本的欲求の変化。

①生存の欲求がダイエット効果で血圧の数値も下がり、②愛・所属の欲求も家庭の人間関係やパワーパートナーとの絆も深まり、ますます③力の欲求を満たすための仕事に専念できるようになってきました。

まさに好循環です!