2016年10月23日日曜日

Vol.70 何をやるかより誰とやるか!

今日は長男と一緒に東京体育館で開催されていた、新極真会の「全日本空手道選手権大会」を観戦してきました。








久しぶりにフルコンタクトの空手を見ましたが、スピードもあってスゴイ迫力でした。

うちの長男は2年前から空手を習っています。

普段はおっとりしていますが、超一流同士の対戦を間近で見て少々興奮気味でした(^^)

子供達には何でもいいので好きなことに打ち込んで欲しいものです!








さて今日は、何をやるかより誰とやるか!

先週はフェイスブックでの告知のとおり、ベトナムのハノイまで視察旅行に行ってきました。

3泊4日の旅。

昨年の3月にはホーチミン、ダナンに行きましたが、首都ハノイは初めて。

昨年建築されたノイバイ国際空港を降り立った直後は、昨年と随分ちがう印象。

道路も整備され、オートバイの大群が見当たらない。

同じベトナムでも土地によってそれぞれか、と思いきや…





やっぱり、バイクの大群が現れました。

それにしても、交通ルールなんてあったもんじゃないし、信号も最小限なのに、事故がない。

鳴りっぱなしのクラクションに少々困惑しつつ…

日本だと不快感情を表現するためのクラクションだけど、ベトナムでは「危ないから気をつけてね~」と相手を思いやるクラクションに聞こえて、4日間で慣れたどころか、日本に戻ってきて淋しさすら感じます( ̄▽ ̄)





今回は昔勤めていた会社の同僚に声をかけていただいたのがきっかけ。

何から何までアレンジ、アテンドしてもらい、実習生の日本への送り出し事業を営む会社、日本語研修センター、ローカル会計事務所、ローカル製造業など7箇所をまわってきました。

現地の情勢、国民の意識、文化、ビジネスに対する考え方など、異国に行かないと気づけないことがたくさんありました。

折角お金と時間を使って行くのだから、と私は完全に商売モード!

ちょっと気負っていたかもしれません。






3日目の朝、元同僚の彼と早朝ランニングした際に彼にこう言われてハッとしました。

ベトナムはどう?

事業は儲けなければいけないけど、この国にまた来たいと思った?

事業で得をしそうってだけでは、長続きしない。

この国の人とこの国の食事を食べながら、また話がしたいか、の方が大事なんだよね。





そうだよね。

私は忘れていました。

約3年前に事業を引き継ぎ、新しいことに取り組まねば。

この人のことは、あんまり好きになれないけど、この事業コンテンツが欲しいから手を組もう。

私の損得勘定が先に立ち、そのアライアンスはうまくいきませんでした。






その時、感じたこと…

何をやるかももちろん大事だけど、誰とやるかがもっと大事!

日本国内では、その判断基準で事業を進めてきたつもりですが、この度の海外では普段と環境が違う中で、すっかり忘れていたようです。





2020年の東京オリンピックの招致プレゼンで「おもてなし」という言葉が流行しましたが、この4日間アテンドしていただいた、元同僚の会社の現地スタッフの皆様から最高のおもてなしをしていただきました。

また来たい、また話したい、と心底思える人たちと仕事ができていることが幸せです。

13年前の出会いからお互い別の道を歩いていても、いつも気にかけて声をかけてくれる、元同僚に感謝です!




やっぱり事業は何をやるかより誰とやるか!ですねo(^_-)O







2016年10月11日火曜日

Vol.69 社内公募

先日ある方から「ブログの更新頻度が下がるときは、お忙しいときですよね」というご指摘をいただきました( ̄▽ ̄)

忙しいけど、心は亡くしてませんよ(笑)

以前、とある有名人事コンサルタントの方からは、私の適性検査をご覧になって、このようにおっしゃいました。

浅野さんが「忙しい」というときは「嬉しい」と言っているのと同じ

「忙しい」と連呼するときは歓喜の状態だ!

ということで、連休明けも張り切っていきます(^O^)/






さて、本日は社内公募について。

私は、手を上げた社員にチャンスを与えることにしています。

同じ能力なら、やる気のない社員よりやる気のある社員にチャレンジしてもらいます。

もちろん、やる気があるなしは定量的に測りにくいので、まず行動で示してもらいます。

手を上げることが、行動の第一歩です。




当社は12月決算、1月スタートの会社です。

会社は毎年1月5日が経営計画発表会の日です。

社員の皆さんは、この日が仕事における1年のスタートです。

私の1年のスタートは、毎年11月第一月曜日に行う来期方針の発表会です。

今年は11月7日になります。

そのため、現在必死に来期以降の5ヵ年計画と来期の方針を練っています。







その来期方針の発表会にむけて、去る10月3日の全社会議で2つの社内公募を行いました。

ひとつは管理職の公募、もうひとつは来期設立予定の子会社の立上げメンバーの公募です。





管理職については、管理職は一度就いたら既得権益になってはいけないとの思いがあります。

現在の管理職の皆さんは一旦職を解き、新たに任命する方式を取ることにしました。

当然社長である私も、今の立場を既得権益などと思っていませんし、一年一年緊張感を持って臨んでいます。




子会社設立の立上げメンバーについては、イギリスの南極探検家であるアーネスト・シャクルトンの言葉を借りて、ベンチャースピリット旺盛な社員を募集しました。

子会社の詳細については、もろもろ固まりましたら関係者の方には報告いたします。




こちらの公募は、先週の金曜日10月7日20時をもって締切り、管理職に10名、子会社立上げに7名の社員からの募集がありました。

告知直後の出足が悪かったので、こちらの期待通りに手を上げてくれるかどうかを心配しましたが、思ったより多くの方に応募いただき感謝しています。

手を上げてくれた皆さんはもちろん、今回の公募について真剣に考えていただいた皆さん、本当にありがとうございました!



ただ、手を上げたからといって、すべてが叶うとは限りません。

これから応募いただいた皆さんからいただいた自己PR文を拝見して決めていきます。







機会は公平に与えますが、結果は平等にはなりません。

今回は意に添わない方もいらっしゃるかもしれませんが、私は手を上げる方には、手を上げ続けていてくれる間は、成長の機会を与え続ける覚悟です。


強く求めるもの、願望が強いものが、得たいものが得られると信じています。

私自身も願望を強く持ち、ありたい姿に向けて日々精進していきます!