2017年4月30日日曜日

Vol.83 持続的成長(補足)

4月はあっという間でした。

最近特に日が経つのが早いと感じていたが、今月は特に早かったように感じる。

ひと月に8回なんてちょろいと思っていたが、結局この時間に更新( ̄▽ ̄)





今月最後は前回までの補足。

前回まで、新会社THE MAPで展開している中小企業支援「持続的成長」について3回にわたって私の考えを述べました。





持続的成長の定義は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


持続的成長
=願望明確化×利益最大化×自己実現




願望明確化と利益最大化が成し遂げられても、そこで働く社員が自己実現を果たせないと持続的成長につながらない。

前回こう締めくくった。




さて、ここでの自己実現とは、どのようなものか?

その人にとって無条件の自己実現でいいのか?

もちろん、一人の人間として何の制限を受けることなく最高の人生を送ってもらうことは素晴らしいことです。



ただ、この持続的成長の定義づけにおいては、今いる会社で自己実現を果たすことです。

ここでの自己実現とは、会社が提供する最高の舞台で最大のパフォーマンスを発揮することです。

会社が用意する舞台が歌舞伎の舞台だった場合、クラシックバレエを踊りたい社員はその舞台に上がることすら苦痛である上に、良いパフォーマンスを発揮できないはず。

その会社が用意する歌舞伎の舞台で歌舞伎を舞いたくないのであれば、その会社に入ってはいけない。

また、途中までは歌舞伎を舞っていても、ある時狂言を志す気になれば、狂言を演じれる会社に移るべきです。

つまり、会社が用意する舞台こそがミッションやビジョンであり、その舞台で自分が持っている能力を最大限に発揮するために心がけることがバリュー(行動基準)になる。



持続的成長には、同じ理念のもとに集う社員が、その“舞台”でなれる最高の自分になる必要があるのです。

4 件のコメント:

  1. 浅野さん、お疲れ様です。

    本当にあっという間の1ヶ月でした。
    たくさんのことを学び、感じましたが3ヶ月の研修の1ヶ月がもう終わってしまったことに焦りも感じています。

    会社、先輩方は毎日働くことが楽しい、充実していると感じる環境を作ってくださっています。

    舞台はすでにあると思いますので、あとは自分のなれる最高の自分に5月はなれるようがんばります!

    明日からまたよろしくお願いいたします!

    返信削除
  2. 「なれる最高の自分になる」先日学ばせていただきました。
    なれる最高の自分になるために、まずは「当り前のことを当たり前やる」簡単なようで、振り返ると出来てない部分もあります。当たり前のことを当たり前にやり、MAPバリューの体現者となり、なれる最高の自分になるように高速PDSを回していきます。

    返信削除
  3. 浅野さん
    お疲れ様です。

    まさか「補足」があるとは…予想外でした!笑

    会社にとっても社員にとっても、お互いに不幸にならないために、やはり採用活動の見極めは非常に大切だと思いました。

    返信削除
  4. 「なれる最高の自分になる」サポートもしていきたいです。
    また、大石(里)さんがコメントされるような当たり前基準を高める
    ことも日々実践していかなければと感じました。

    返信削除