2017年5月28日日曜日

Vol.84 伝書鳩マネジメント

良い天気ですね(^^)

4月に8回も更新すると疲れが出て今日まで更新ならず…

まぁ、それも俺らしい( ̄▽ ̄)






さて、今日は伝書鳩マネジメントについて




近年入った新卒社員からすると、どうも私は怖いらしい。

恐怖の存在でしかない私に直接そんなことを言うはずもないので、もちろん人づてに聞いたこと。

そんな私が若い社員に優しく(厳しく)指導するもんなら、ただでさえ取っつきにくいのに、さらに話しかけづらくなる。





取締役の安江正高からは「もっと社員との距離を縮めてほしい」とリクエストがある。

そのリクエストに応えようと管理部門のトップである大石里織が、私と社員との食事会を企画してくれる。

私の弱みを補完してくれる幹部メンバーには頭が下がる。





そんななか、感情の起伏が激しいと自己分析している私が、割と最近は穏やかでいられる。

それは、誰も言わへんのなら俺が言うぞ!という、社員を指導する判断基準が一部の管理職と一致してきたから。





こちらに度々登場する、今期から採用広報チームのリーダーをしている羽賀葵は、今年の新入社員の教育係もしている。

これはあかんやろ

というポイントは、必ず私より先に指導をしている。



そうなると新入社員からは

羽賀さんに○○とフィードバックを受けました。今後気をつけます!

と私に報告にくる。



それに対し、私は

そうやな、これから気ぃつけてな(^^)

で済む。




羽賀葵をはじめ何名かの管理職は、自分が悪者になって私を立ててくれるので、非常に有難い(^_−)−☆







一方で、伝書鳩のような管理職もいる。

Aさんが不満を漏らしていたので、浅野さんから説明してください。

これで管理職という役割を全うできているのか?



私の考え方が組織全体に浸透していないのは、120%私の責任であるが、それを自分の言葉でマネジメントするセクションのメンバーに伝えられないのはその管理職の責任



このケースに限って言えば、こう言ってくる管理職は、要らない。

伝書鳩を雇えばいい。




私の考えが正しいか否かはわからない。

すべて正しければ、世の中に経営者もコンサルタントも要らない、という視点で…



ただ、会社という組織の中では社長の考えを一旦是として、全社員に浸透させる必要がある。

その時にマネジメントの階層ごとに言うべきことは違ってくる。
(※詳しくは『最強「出世」マニュアル』140ページ参照)





私が考える理想の管理職とは、トップの考え方や判断基準を正しく理解し、それを自分の言葉に置き換えて伝達できる人です。

だから、伝書鳩は要らないんです。