2017年2月28日火曜日

Vol.74 再始動

訳あって自宅療養中(T_T)

先週は昨年の業績のご褒美として、社員とフィリピンのセブ島に…

自分の価値観からして、遊んできた後に体調を崩すなど、ホント最悪(u_u)




さて、この2月、いや、年が明けてからいろいろあった。

当たり前だけど、まだまだ修行が足りんですな。

外部の研修で学んできたことも、分かったようなつもりになってただけで何も分かってなかった。

分かったようなつもりだけならまだしも、調子に乗ってたところもあったと思う。





振り返ってみて何があかんかったか?


①過度な期待

これぞ!と思った人材に過度な期待をしてしまった。

私の期待と、期待をかけられた人が求めるものが必ずしも一致するものではない。


②期待への見返り

私が期待することに対して見返りを求めてしまった。

確かに自分が求めているものと違うもの、または、違ったレベルのものを期待されても大きなお世話だし、期待したのは「あんたの勝手やろ」が一般的な反応である。


③社員目線の欠如

社員に経営者目線を求める割には、私が社員目線を持てなかった。

とある会社の若手トップ営業マンに言われてハッとした。

「社長は社員に経営者目線を求めるけど、経営者は時には社員目線を持つべき」




ちょっとしたことなんやろうけど、ずっと意識するのは難しい。

変えられるのは自分だと分かっているのに、まだまだ他人を変えようとしている自分がいた。





そこで思ったこと


①他人に期待する前にもっと自分に期待しろ

本当に他人を期待していたんだろうか?

期待じゃなく依存しようとしていただけじゃないだろうか?

自分自身の更なる成長に過度な期待する。


②自分からの見返りはきっちりいただく

自分自身には期待以上の見返りを強要する。

この程度で調子に乗ってた自分を恥じた。

他人からの見返りより自分自身からの見返りの方がずっと大きいはず。


③経営者目線をより高く!

ソフトバンクの孫さんが、ユニクロの柳井さんが果たして社員目線を持っているか?

経営者として突き抜けている人に経営者目線も社員目線もないはず。

中途半端な経営者だから「社員目線を」なんて言われてしまう。

世の中にインパクトを与える経営者になるために、さらに目線を高くする!





「さあ、明日から!」と言いたいところだが、あと2日医者から止められている( ̄▽ ̄)

身体をゆっくり休めた後、3月3日から再始動だ!!