2018年2月28日水曜日

Vol.91 伝わる話

当社は1月スタート、もう2月の最終日

時が経つのが本当に早いヽ(´o`;



さて、今日は伝わる話

このところ年間70回以上、つまり平均すると週に1回はお客様の前でお話しする機会をいただいている。

会心の一撃がスベったり、予期せぬ場面で頷いてもらったり……

経験を積んでも日々修業が必要だ!




2018年卒の学生さんが採用面接に来た。

春先に内定をもらったが自分の就活に納得ができず、年末から再開したようだ。

当社の最終面接は、名著?!最強「出世」マニュアルを読んでのプレゼン。

その後、私からの質問に答えてもらう。




プレゼンでは、私の本のなかで気になったポイントに対する感想だけでなく、すべての項目を自分の経験(大学時代の部活)に落とし込み、自分という人間がどのような人間なのかを表現してくれた。

質疑に対しても、どう感じ、その気づきを人生にどう活かしてきたかを、その情景が浮かぶように話してくれた。

亡くなられたご家族との思い出や被災地出身の友人との出会いから「人を支える仕事がしたい」という、文字にすればごくごく普通のフレーズで涙が出そうになった。

これが伝わる話なんだ!




当社では面接において、その人の成長のためにフィードバックする。

それは中途の面接でも行う。

その学生さんにも少なからずフィードバックした。

伝える技術が高いかと言えば、まだまだ未熟で改善の余地は多々ある。

ただ、彼の話は伝わってきた。



何が良かったのか

①自分の言葉で話している

②一般論でなく自分がどう感じたかを話している



そして

③頭でなく心で話している

これは普段お世話になっているアチーブメントの青木先生に教えていただいていることだ。




知っていても、その意識が薄れていた自分を反省した。

学生さんから大事なものを再認識させられた良い機会だった(^_−)−☆

6 件のコメント:

  1. 浅野さん、お疲れ様です。

    投稿お待ちしてました!
    前回から早いですね!

    自分の採用の時を振り返ると緊張で自分の言葉をどれだけ浅野さんに伝えることができたか疑問です。
    本当にその学生さんはすごいですね。

    お客様とお話しさせていただく時も、知識はもちろん大事ですがそれ以上に自分の言葉を心で話すことが大事だと思いました!

    これからはそのような意識を持って頑張ります!

    返信削除
  2. 田之上さん
    いつもありがとう。
    営業でも田之上さんが目指す仕事でも伝える力は必須ですね。
    頑張っていきましょう!

    返信削除
  3. お疲れ様です。
    心で話しているということが、とても大切なことだと読んでいて感じました。
    これからも、情熱を感じる学生さんが沢山集まって欲しいと思いました。

    返信削除
    返信
    1. 恩田さん
      ありがとう。
      これから新メンバーが続々と入ってきます。
      恩田さんもこれまで以上に情熱をもって接してあげてください。

      削除
  4. 自分の人生にこだわっている・語れる何かを持っている方がうちを選んでくれるということもとてもうれしいです。熱い気持ちがもっとお客様に伝わるよう邁進していきます!

    返信削除
    返信
    1. 羽賀さん
      ありがとう。
      そのような人たちから選ばれる会社にしていきましょうね。
      羽賀さん次第ですよ(^_−)−☆

      削除